CSRの取組み

人権尊重の取組み

人権方針の策定

近年、企業活動のグローバル化が進み、企業にはサプライチェーンにおける人権尊重の具体的な行動が求められています。雪印メグミルクグループは、事業活動を通じて社会とともに持続的に成長し、社会課題の解決に貢献していくために、ステークホルダーの人権を尊重していくことが極めて重要だと考えています。雪印メグミルクグループとして、サプライチェーンにおける人権課題において具体的な行動に取り組むため、2020年6月「国連グローバル・コンパクト」への署名に続き、2021年6月国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠した「雪印メグミルクグループ 人権方針」を制定しました。

雪印メグミルクグループ 人権方針

人権デュー・ディリジェンス

「雪印メグミルクグループ 人権方針」に定めている人権尊重の取組みを進めていくにあたり、事業活動に伴う人権侵害リスクを把握し予防や軽減策を講じる「人権デュー・ディリジェンス」を行っていきます。人権問題における世界的な潮流に合わせ、正当性の担保を得た取組みを行うために、人権問題の専門家である「経済人コー円卓会議日本委員会」からの助言を得ながら進めています。第1ステップとして、「人権リスクアセスメント」に向けたヒアリングを受けました。また、2021年11月にワークショップを開催します。

<人権デュー・ディリジェンスの実施ステップ(予定)>

CSR情報かわら版

CSRに関する情報を従業員と共有し、CSRに対する意識を高め、取組みを拡大していくことを目的とした情報誌です。CSR部で制作して毎月発行し、雪印メグミルクグループのCSRリーダーを通じて、全従業員約5,300名に配信しています。人権問題、ハラスメント防止に関する解説やケーススタディを掲載し、従業員の人権尊重に対する意識の啓発につなげています。

このページのトップへ