CSRの取組み

人権尊重の取組み

人権方針の策定

近年、企業活動のグローバル化が進み、企業にはサプライチェーンにおける人権尊重の具体的な行動が求められています。雪印メグミルクグループは、事業活動を通じて社会とともに持続的に成長し、社会課題の解決に貢献していくために、ステークホルダーの人権を尊重していくことが極めて重要だと考えています。雪印メグミルクグループとして、サプライチェーンにおける人権課題において具体的な行動に取り組むため、2020年6月「国連グローバル・コンパクト」への署名に続き、2021年6月国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠した「雪印メグミルクグループ 人権方針」を制定しました。

雪印メグミルクグループ 人権方針

人権デュー・ディリジェンス

「雪印メグミルクグループ 人権方針」に定めている人権尊重の取組みを進めていくにあたり、事業活動に伴う人権侵害リスクを把握し予防や軽減策を講じる「人権デュー・ディリジェンス」を行っていきます。国際社会において重視されている人権問題の視点を加え、正当性の担保を得た取組みを行うために、人権問題の専門家である「経済人コー円卓会議日本委員会」(以下、CRT)からの助言を得ながら進めています。

STEP1として、

  • ① 雪印メグミルクのビジネスモデルに関する事前ヒアリングをCRTから受けました。(2021年9月)
  • ② 雪印メグミルクの人権担当役員と関係部署(人事部、広報IR部、CSR部、監査部、生産部、広域営業部、ロジスティクス部、酪農部、資材調達部)が参加するワークショップを開催しました。
    CRTによるビジネスと人権のグローバル動向に関する講義を受けた後、参加者同士で事業活動における人権課題について議論を行い、サプライチェーンにおける「潜在的な人権リスク」を抽出しました。(2021年11月)
  • ③ 抽出した「潜在的な人権リスク」について、CRTによる調査分析が行われました。(2021年12月)
  • ④ CRTより、雪印メグミルクと社会に及ぼす影響度の高い人権リスクについて報告を受け、「優先的に取り組む人権リスク」として特定しました。(2022年1~3月)

<人権デュー・ディリジェンスの実施ステップ(予定)>

人権デュー・ディリジェンスの実施ステップ

社内浸透のための取組み

「雪印メグミルクグループ 人権方針」に基づき、人権尊重の考え方の浸透に努めています。2022年1月の「食の責任を強く認識し、果たしていくことを誓う日の活動~これからの社会課題解決に向けて~」では、経済人コー円卓会議日本委員会 石田 寛 事務局長によるオンライン講演会を実施しました。雪印メグミルクの全役員、グループ会社の社長に加え、各職場のCSRリーダー等(約180名)が視聴し、冒頭では雪印メグミルクの西尾社長(当時)より「事業活動を進めていく上で、あらゆる人々の人権を尊重する」という強い意志が示され、企業活動が与える人権に関する影響や、企業に求められる人権尊重の取組みについて学びました。講演後は、従業員の人権への配慮や、日本と海外における人権に関する制度の違いへの対応など、企業活動における人権問題について質疑応答が行われました。講師からは質疑応答を通じて、人権尊重の取組みを“自分事化”していこうとする現場の姿勢がうかがえたと、フィードバックを受けました。
雪印メグミルクでは、2月のCSRグループ活動にて、全従業員が講演映像を視聴し、人権尊重について考える機会を設けています。


  • 社長挨拶(当時)

  • 講演の様子

CSR情報かわら版

CSRに関する情報を従業員と共有し、CSRに対する意識を高め、取組みを拡大していくことを目的とした情報誌です。CSR部で制作して毎月発行し、雪印メグミルクグループのCSRリーダーを通じて、全従業員約5,300名に配信しています。人権問題、ハラスメント防止に関する解説やケーススタディを掲載し、従業員の人権尊重に対する意識の啓発につなげています。

ハラール認証の取組み

当社の事業展開エリアには、インドネシアやマレーシア等、イスラム教徒が多く住む国や地域が含まれています。そのためイスラム教徒の人々が安心して利用できるように、ハラール認証の取得に取り組んでいます。インドネシアで製造しているチーズを始め、マレーシア向けの粉ミルク等、様々な製品でハラール認証を推進しています。今後も宗教や各国・地域の生活スタイルに配慮したものづくりに取り組んでいきます。

※イスラム教において「口にすることを許された食物」をハラール食品(豚肉やアルコールなどを含まない食品)といい、イスラム圏ではこの認証が必要。

  
インドネシアのハラール認証

  
インドネシアで製造しているチーズ

  
マレーシア向けの粉ミルク

このページのトップへ