CSRの取組み

雪印メグミルクグループ 人権方針

 私たち雪印メグミルクグループは、事業活動を進めていく上で、直接または間接的に影響を与える、あらゆる人々の人権を尊重しなければならないことを深く認識しています。
 その責任を果たすため、「雪印メグミルクグループ 企業行動憲章」に基づき、「雪印メグミルクグループ 人権方針」をここに定め、これを指針として取り組んでいきます。

人権尊重の考え方

  • 私たちは、「国際人権章典」(世界人権宣言と国際人権規約)、および「労働における基本的原則及び権利に関する国際労働機関(ILO)宣言」に規定されている人権を尊重するとともに、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」を踏まえ、実践に向け取り組みます。
    雪印メグミルクグループは、「国連グローバル・コンパクト」に署名しています。
    私たちは、人種、国籍、性別、宗教、思想などの違いによる差別の禁止や、強制労働、人身売買、児童労働などの不当な扱いの禁止、ハラスメントのない安全かつ健康的な労働環境の提供など、人権尊重の取組みを進めます。私たちは、事業活動を行うそれぞれの国や地域において、現地の法令を遵守します。万が一、現地の法令と国際的に認められた人権が異なる場合は、国際的に認められた人権の原則を最大限尊重するための方法を追求します。

適用の範囲

  • 私たちは、本方針を雪印メグミルクグループの全ての役員と従業員に適用します。また、雪印メグミルクグループの商品・サービスに関連する全てのビジネスパートナーの皆様にも、本方針の遵守を求めます。

人権尊重の責任

  • 私たちは、自らの事業活動およびサプライチェーンへの関与を通じて、人権に対する負の影響を与えていることが判明した場合、是正に向けて対応し、人権尊重の責任を果たしていきます。

人権デュー・ディリジェンス

  • 私たちは、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に則り、人権デュー・ディリジェンスを実施していくことで、私たちの事業活動による人権への負の影響を特定し、その防止および軽減を図るよう努めます。

対話・協議

  • 私たちは、事業活動による実際または潜在的な人権への負の影響について、外部の専門知識を活用するとともに、関連するステークホルダーと対話・協議を行います。

教育・研修

  • 私たちは、全ての役員と従業員に対し、本方針が適切に理解され実践されるよう教育を行い、私たちの取引先に対しても必要な事項を周知します。

救済

  • 私たちは、事業活動により人権に対する負の影響を与えた、またはこれに関わったことが明らかになった場合には、適切な手続きを通じてその救済に取り組みます。

責任者

  • 私たちは、本方針の実行に責任を持つ担当役員を明確にし、実施状況を監督します。

情報開示

  • 私たちは、本方針に基づく人権尊重の取組み状況について、雪印メグミルクのウェブサイトや統合報告書などで開示していきます。

2021年6月1日
雪印メグミルク株式会社
代表取締役社長
西尾 啓治

このページのトップへ