CSRの取組み

消費者基本法を根幹とした消費者重視経営

消費者基本法を根幹とした消費者重視経営

消費者基本法に定められた「消費者の『8つ』の権利」に向き合い、「事業者の責務」を果たすために、雪印メグミルクグループでは「4つの姿勢」に基づき取り組みます。

消費者基本法

※条文の内容をわかり易くするために数字をつけ表記

消費者の『8つ』の権利

  1. 1.国民の消費生活における
    基本的な需要が満たされ、
  2. 2.その健全な生活環境が確保される中で、
  3. 3.消費者の安全が確保され、
  4. 4.商品及び役務について消費者の自主的かつ合理的な選択の機会が確保され、
  5. 5.消費者に対し必要な情報及び
  6. 6.教育の機会が提供され、
  7. 7.消費者の意見が消費者政策に反映され、
  8. 8.並びに消費者に被害が生じた場合には適切かつ迅速に救済されること

向き合う

事業者の『5つ』の責務等

  1. 1.消費者の安全及び消費者との取引における公正を確保すること。
  2. 2.消費者に対し必要な情報を明確かつ平易に提供すること。
  3. 3.消費者との取引に際して、消費者の知識、経験及び財産の状況等に配慮すること。
  4. 4.消費者との間に生じた苦情を適切かつ迅速に処理するために必要な体制の整備等に努め、当該苦情を適切に処理すること。
  5. 5.国又は地方公共団体が実施する消費者政策に協力すること。

雪印メグミルクグループの取組み

雪印メグミルクグループ 消費者基本法 消費者への情報提供・情報開示 消費者の声を傾聴し経営に反映 4つの姿勢 危機管理体制の整備により迅速・適切に対応 安全で安心していただける商品の提供

ホームページ運営

  • 消費者への情報開示

  • 透明性のある経営

お客様センター

  • 年中無休

  • お客様満足向上
    ミーティング

企業倫理委員会

  • 品質部会(社外視点の工場品質監査)

  • 消費者部会(消費者重視経営への意見)

  • 表示部会(消費者視点の商品表示確認)

危機管理体制の構築

  • お客様センター
    入電状況の定時報告

  • リスク連絡会

品質保証
体制の確立

  • MSQS
    (雪印メグミルク
    品質保証システム)

食育・普及

  • 食の大切さ、
    乳の大切さを伝える

  • 酪農理解

このページのトップへ