サステナビリティ

地域社会とのパートナーシップ

北海道庁との包括連携協定

2007年10月、雪印乳業(株)、雪印種苗(株)、(株)雪印パーラーは、北海道と包括連携協定を締結し、酪農振興への貢献および乳製品製造で培った技術を活かし、「食」を中心とするさまざまな分野で創業の地、北海道の経済活性化へ寄与してきました。また、2009年10月の経営統合を機に、雪印メグミルクグループが引き継ぎ、北海道との連携をより強化させています。

※1 産消協働
地域の「消費者」と「生産者」が連携し、地元の資源や生産物を地元で消費・活用することにより、域内循環(人、もの、お金の流れ)を高めて地域経済の活性化を図ろうという運動です。

北海道庁赤れんが庁舎前庭での花壇設置について

「道庁赤れんが庁舎」は、年間約40万人の観光客が訪れる北海道を代表する観光、写真スポットです。
包括連携協定事業の一環として、世界に通用する北海道の花をブランドとして定着させた「花観光」を推進するため、北海道らしさをイメージした「花壇」を、2013年7月に、札幌市内の幼稚園児(約90名)と一緒に完成させるイベントを実施しました。

札幌市と「さっぽろまちづくりパートナー協定」を結んでいます

2012年3月に札幌市と雪印メグミルク(株)は「さっぽろまちづくりパートナー協定」に調印しました。協定を結ぶことにより、「企業自らがまちづくりに参加し、『市民が主役のまちづくり』に取り組む」という考え方に沿い、「子どもが健やかに育つまちづくり」に札幌市と協働していきます。

「さぽーとほっと基金」に寄附を行っています

雪印メグミルクは札幌市のまちづくり活動に賛同し、酪農と乳の歴史館の見学者数に応じ「さぽーとほっと基金」に寄附を行っています。皆様のご来館が、「さぽーとほっと基金」を通じ、こどもの健全な育成を支援する活動を応援しています。

宮城県との連携

雪印メグミルクは、「スマートみやぎ健民会議」の応援企業として、宮城県と「野菜摂取の促進」「減塩」「脱メタボ」を中心に地域課題解決に取り組んでいます。2020年度は、宮城県庁食堂で「乳製品といっしょに野菜がとれるメニュー」「恵 megumiガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ」(100g)をランチメニューとして提供しました。また、宮城県の特産であるせりとチーズを使ったメニューを考案し、宮城県と雪印メグミルクWebサイトで発信するとともに、地元企業とたんぱく質・カルシウムを含むレシピを共同開発し、店頭で発信しました。


カレー仕立てのせり鍋風スープ

茨城県との「健康寿命延伸」の取組み

雪印メグミルクと茨城県の営業戦略部は、日本人の野菜不足、カルシウム不足の課題に対して協力し、茨城県産野菜と乳製品の消費拡大につながる、1日の1/2分の野菜(175g)と、不足しているカルシウム(223mg)が1品で摂れるレシピを、年間6回開発しています。7月には、「担々風ミルクつけ麺」を発信しました。レシピは2カ月に1回発信して、茨城県庁の食堂のランチメニューとして提供し、スーパーの店頭で当該レシピを掲載したPOPの展開にも力を入れています。


坦々風ミルクつけ麺

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)との取組み

雪印メグミルクと独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、大阪を中心とした近畿圏のUR賃貸住宅団地等において、多様な世代が生き生きと健康に暮らせるまちづくりに資することを目的として、2020年3月に地域連携・協力に関する協定を締結しました。雪印メグミルクは、UR賃貸住宅団地等で、雪印メグミルクの食育活動「骨・カルシウムセミナー」や「チーズセミナー」などを実施しています。


UR都市機構での骨・カルシウムセミナー

災害を通じた地域とのパートナーシップ

雪印メグミルクのなかしべつ、阿見、海老名、神戸の各工場は、近隣地区と覚書を締結し、大規模災害発生時に地域と工場が相互に協力して避難場所や物資の提供を行い、被害軽減に取り組みます。更に(株)エスアイシステムでは、災害発生などの緊急事態時に停電が起きた場合、近隣企業や住民の皆様へ無償で飲料を配布できる災害救援用自動販売機を、全国の運営センターに設置しています。


フードバンク活動の支援

雪印メグミルクグループでは、生活困窮者の食を支援するフードバンクのセカンドハーベスト・ジャパンに、大人のための粉ミルク「プラチナミルク forバランス」「LL北海道牛乳」(1000ml)、「業務用ミックスチーズ 1kg」など、7種(約48,000個・約35t)を提供しました。特に、調理の必要がない栄養豊富な牛乳は大変喜ばれました。その他、雪印メグミルク九州統括支店では、福岡エリアにおいて、地域のフードバンク団体を通じて福祉施設、子ども食堂などに食品提供を行う団体である「福岡県フードバンク協議会」に、2020年11月から商品提供を開始し、「雪印北海道100 チーズフォンデュ」(185g)、「LL北海道牛乳」(1000ml)、「ナチュレ 恵 megumi」(400g)など、15種(約23,000個・約10t)を提供しました。当団体では、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、地域のフードバンク団体を通じて行政支援受給者、アルバイト先を失った大学生、自国へ帰れない外国人留学生などの支援を行っており、「日々使う乳製品の提供は非常に嬉しい」と感謝の言葉をいただきました。雪印メグミルク川越工場でも、食糧支援が必要な家庭に無料で食品を配布するNPO法人埼玉フードパントリーネットワークに賛同し、2021年9月より川越市内の団体への商品提供を開始しました。


「LL北海道牛乳」(1000ml)の搬出の様子

京都工場で開催された「SDGs体験型環境学習」

2020年11月、京都府南丹保健所が主催するこの取組みは、SDGsの普及啓発を行い、自ら考え行動できる人材「SDGsパーソン」の育成を目指した体験型環境学習プログラムです。京都工場は、同保健所と協力して新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上で、子どもたちに対して、生産工程や排水処理施設の見学、紙パックリサイクルのDVD等を通して、環境保全の取組みや紙パックリサイクルの重要性をお伝えしました。


「工場長による工場概要説明」

紙パックリサイクルの推進

2020年11月、雪印こどもの国牧場で行われた「牧場まつり」に参加しました。当日は新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上で、紙パックリサイクルに関するクイズに回答してもらうスタンプラリーや、紙パック工作「フライングディスク」を通して、お客様に紙パックリサイクルの大切さをお伝えしました。
>紙パック工作「フライングディスク」の作り方はこちら

牧場まつりの様子

紙パック工作「フライングディスク」

「SDGs 実践アワード」の開催

雪印メグミルクグループでは、2020年度より「雪印メグミルクグループ SDGs 実践アワード」を開催しています。グループの各部署が計画・実践したSDGs 達成に貢献する取組みの経過や成果の中から、特に優れた活動を、社長、サステナビリティ担当役員、サステナビリティ推進部が選定し、表彰する制度です。アワードの開催によって、従業員一人ひとりのSDGsに対する認知・理解が深まり、社会課題基点での考え方となるとともに、それらを客観的に評価することで従業員のモチベーションの向上につながっています。2020年度は、グループ全体の約9割のサステナビリティグループ活動単位から応募があり、厳正な審査を行った結果、2021年5月に優れた活動として評価された12職場をオンラインで表彰しました。

  

社内ポスター   雪印メグミルク・西尾社長(当時)
による表彰式(オンライン映像)

こども食堂への協賛(なかしべつ工場)

工場近くの町内会館で開催されたこども食堂に協賛しました。2020年10月は手洗い講習と「さけるチーズ」を使ったゲーム大会、2021年3月は、牛乳からチーズをつくるアニメ映像視聴やカッテージチーズをつくり、衛生面や食の大切さを楽しみながら学びました。

このページのトップへ