第61回大会概要

雪印メグミルク杯ジャンプ大会は、成年組、少年組、ジュニア組、女子組と幅広いジャンパーに参加いただいています。当大会で好成績を収め世界に羽ばたいていった選手も多く、「若手ジャンパーの登竜門」として重視されてきた競技会です。

開催日時

2020年2月11日(火・祝)
9:00 〜 国旗掲揚
9:30 〜 試技開始
10:30〜 競技開始

会場

札幌市大倉山ジャンプ競技場
(北海道札幌市中央区宮の森1274)

雪印メグミルク杯
ジャンプ大会の歴史

当大会は、雪印乳業(当時)が雪印シャンツェを建設して札幌市に寄贈した1958年(昭和33年)に第1回大会が開催されました。
その後、札幌オリンピックのため、1970年に宮の森ジャンプ競技場が完成すると、会場を宮の森に移しました。(1980年は宮の森シャンツェ改修のため大倉山シャンツェで開催)
第1回の成年組(学生、社会人)に加え、第2回からは少年組(高校生)が開始。その後1976年からはジュニア組(中学生)、2001年からは女子組が開始されました。
そして、世界のジャンプ大会はノーマルヒルからラージヒルに移行する流れがあることから、今大会より大倉山ジャンプ競技場に場所を移し、開催となりました。

チケットについて

中学生以下入場無料、高校生以上の方は当日券1,000円(前売り券800円)をお買い求めください。
前売り券発売所:ローソン・チケットぴあ

会場へのアクセス

無料駐車場用意

お車でお越しの方は札幌市円山公園第1駐車場をご利用ください。第1駐車場入口前にて無料駐車券を配布いたします。

無料往復バス運行

「雪印メグミルク杯観戦用無料バス乗車券」を地下鉄「円山公園駅」バスのりば、および「円山動物園正門前」のバス停にて配布いたしますので、ご利用ください。
(通常料金:大人210円 小人110円)
尚、大倉山ジャンプ競技場行きの最終バスは11:00頃を予定しています。

地下鉄円山公園駅・円山動物園より大会無料シャトルバス運行 運行時間/8:30~11:00
ジャンプ雪印メグミルク スキージャンプ競技・選手を知って雪印メグミルク杯をもっと楽しもう!