第62回大会概要

雪印メグミルク杯ジャンプ大会は、成年組、少年組、ジュニア組、女子組と幅広いジャンパーに参加いただいています。当大会で好成績を収め世界に羽ばたいていった選手も多く、「若手ジャンパーの登竜門」として重視されてきた競技会です。

開催日時

2021年2月11日(木・祝)
9:00 〜 国旗掲揚
9:30 〜 試技開始
10:30〜 競技開始

会場

札幌市大倉山ジャンプ競技場
(北海道札幌市中央区宮の森1274)

第62回大会結果

成人組

  • 1位 渡部 陸太(東京美装グループスキー部)
  • 2位 内藤 智文(古河市スキー協会)
  • 3位 宮﨑 敬太(東海大学)

女子組

  • 1位 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)
  • 2位 岩佐 明香(大林組スキー部)
  • 3位 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ)

少年組

  • 1位 桑田 (青森五所川原農林高校)
  • 2位 辻 創太(東海大学付属札幌高校)
  • 3位 森野 幹登(札幌日本大学高校)

ジュニア組

  • 1位 坂野 旭飛(札幌栄南中学校)
  • 2位 森 恢晟(札幌福井野中学校)

特別奨励賞

中山 (下川商業高校)

※ジュニア組、女子組に出場した若手選手を対象に、
思い切りの良いジャンプで今後を期待できる選手に授与しています。
pdf全ての成績表はこちら 歴代優勝者はこちら

雪印メグミルク杯
ジャンプ大会の歴史

当大会は、雪印乳業(当時)が雪印シャンツェを建設して札幌市に寄贈した1958年(昭和33年)に第1回大会が開催されました。
その後、札幌オリンピックのため、1970年に宮の森ジャンプ競技場が完成すると、会場を宮の森に移しました。(1980年は宮の森シャンツェ改修のため大倉山シャンツェで開催)
第1回の成年組(学生、社会人)に加え、第2回からは少年組(高校生)が開始。その後1976年からはジュニア組(中学生)、2001年からは女子組が開始されました。
そして、世界のジャンプ大会はノーマルヒルからラージヒルに移行する流れがあることから、第61回大会より大倉山ジャンプ競技場に場所を移し、開催となりました。

ジャンプ雪印メグミルク スキージャンプ競技・選手を知って雪印メグミルク杯をもっと楽しもう!