CSRの取組み

CSR重要課題(マテリアリティ)特定プロセス

STEP1

社会課題の把握・抽出
現在から将来にわたって国内外に影響を及ぼす社会課題を、ISO26000の「7つの中核主題」の36個の課題、SDGsの各ターゲットとも照合しながら、抽出しました。
  • 企業以外の組織も含めた「組織」の社会的責任に関する国際規格

STEP2

CSR重要課題(マテリアリティ)候補の分析
抽出した社会課題ごとに、雪印メグミルクグループの事業への影響度および「株主・投資家」「お客様・消費者」「酪農生産者」「流通・ユーザー」「サプライヤー」「従業員」「地域社会」「国際社会」それぞれの立場からみた社会への影響度を「成長機会」「リスク低減」の両面で評価、採点し、それぞれを軸とするマテリアリティマトリックスにマッピングしました。

STEP3

CSR重要課題(マテリアリティ)候補の抽出
マテリアリティマトリックスから雪印メグミルクグループの事業への影響度、社会への影響度の評価点がともに高い社会課題および今後取り組むべき課題をCSR重要課題(マテリアリティ)候補として抽出し、更に各CSR重要課題(マテリアリティ)候補の重点取組みテーマを設定しました。

CSR重要課題(マテリアリティ)候補の抽出

STEP4

外部有識者とのダイアログ(対話)
CSR重要課題(マテリアリティ)候補とその重点取組みテーマについて、消費者団体の有識者および企業倫理委員会委員と妥当性や整合性、具体性について、ダイアログ(対話)を実施しました。

STEP5

CSR重要課題(マテリアリティ)候補の再検討
外部有識者の意見や指摘をもとに、各CSR重要課題(マテリアリティ)候補の重要性や具体性について社内で再検討や見直しを行いました。
さらに、企業理念や「雪印メグミルク バリュー」、「グループ長期ビジョン2026」との整合性について協議しました。

STEP6

CSR重要課題(マテリアリティ)の特定
取締役会決議により、CSR方針を策定し、CSR重要課題(マテリアリティ)とその重点取組みテーマを特定しました。

このページのトップへ