CSRの取組み

CSR委員会

雪印メグミルクグループではグループ全体のCSRを推進していく経営レベルのガバナンスとして、「CSR委員会」を設置しています。 社長が委員長を務め、全常勤取締役および執行役員、CSR部長を委員とし、原則年2回開催、KPIなどの全社目標の進捗確認を行っています。また、各部署とグループ会社にCSRリーダーが配置されており、「CSRグループ活動」の実施やCSR関連情報の伝達など、各部署の中心的な役割を果しています。

CSR推進体制図

このページのトップへ