お問い合わせ

よくいただくご質問

乳製品や食品全般について、よくお寄せいただくご質問にお答えします。

  1. Q1.賞味期限の過ぎた物を食べても(飲んでも)大丈夫ですか?

    A.

    当社では、賞味期限を過ぎた商品をお召しあがりいただくことは、おすすめしていません。

    【補足】
    「賞味期限」および「消費期限」については、消費者庁による「加工食品の表示に関する共通Q&A(第2集:消費期限又は賞味期限について)」において、以下のように説明がなされています。

    期限表示

    定義

    注意事項

    賞味期限

    定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日のこと。

    当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがある。このため、「賞味期限」を過ぎた食品であっても、必ずしもすぐに食べられなくなるわけではない。

    比較的品質が劣化しにくい食品(例えば、スナック菓子、即席めん類、缶詰、牛乳、乳製品など)

    消費期限

    定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日のこと。

    開封前の状態で定められた方法により保存すれば食品衛生上の問題が生じないと認められるもの。このため、「消費期限」を過ぎた食品は食べないようにしたほうがよい。

    品質が急速に劣化する食品(例えば、弁当、調理パン、そうざい、生菓子類、食肉、生めん類など)

    • *「賞味期限」、「消費期限」が付された商品は、どちらも、定められた方法で保存しなかった場合、期限内でも劣化することがあります。
      従いまして、念のため、当社では賞味期限を過ぎた商品をお召しあがりいただくことを、おすすめしていません。

    【ふたや包装を開けてしまったら?】

    期限表示は、「賞味期限」、「消費期限」とも、開封前の状態で定められた方法により保存した場合の期限として表示されています。このため、一度開封した食品は、表示されている期限にかかわらず、早めにお召しあがりください。

    加工食品の日持ちの目安加工食品の日持ちの目安

    このページのトップへ

  2. Q2.開封した後、賞味期限まで食べる(飲む)ことはできますか?

    A.

    賞味期限は、未開封の状態で定められた方法(牛乳の場合、要冷蔵10℃以下)で保存した場合に、その食品の特徴(風味、色調など)が充分に保たれていると認められる期限です。なお、一度開封すると、品質の劣化が早まりますので、開封後は定められた方法に従って保存していただき、賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお召しあがりください。

    このページのトップへ

  3. Q3.「食塩相当量」という言葉はどういう意味ですか?

    A.

    「食塩相当量」というのは、食品中に含まれるナトリウム量を食塩量に換算したもので、数値としては「ナトリウム含量(mg)×2.54」で計算することができます。なお、食塩はナトリウムと塩素が結合したものです。

    【補足】
    2015年4月の食品表示法施行により、栄養成分表示が義務化(平成32年3月期限で完全移行)されました。
    食品表示法の背景として一般的な栄養指導が一日当りの「食塩相当量」となっています。
    これにより、今後ナトリウムは「食塩相当量」で表示されることになります。
    なお、「食品表示基準 第3条 栄養成分の量及び熱量2」の項に、ナトリウム塩を添加していない食品は、「ナトリウム(食塩相当量)」と表示するとありますので牛乳等はこの表示となります。

    このページのトップへ

  4. Q4.冷蔵庫にチルド室やパーシャル室がついている場合、このチルド室やパーシャル室で乳製品(バター、チーズ、マーガリン)を保存してもいいですか?

    A.

    バターは冷蔵庫のチルド室やパーシャル室でも保存可能ですが、チーズやマーガリンの保存はおやめください。なお、バターのチルド室やパーシャル室での保存は、商品表示で記載している保存方法(要冷蔵10℃以下)とは異なりますので、当社としては品質を保証いたしかねます。

    【補足】
    当社のバター、チーズ、マーガリンの保存方法は、一部の商品を除いて、「要冷蔵10℃以下」としています。
    家庭用冷蔵庫のチルド室の温度設定は、0~-1℃、パーシャル室は-1~-3℃といわれています。 そのため、冷蔵庫の運転条件によってはバター、チーズ、およびマーガリンは凍結してしまうことがあります。 バター、チーズ、およびマーガリンの中には、凍結してしまうと食感や風味などが変わってしまうものがあります。 商品表示で記載している保存方法を守った保存をお願いします。

    このページのトップへ

  5. Q5.バターは冷凍保存できますか?

    A.

    バターを冷凍保存することは可能ですが、おすすめしません。冷凍保存は商品表示で記載されている保存方法(要冷蔵10℃以下)とは異なりますので、品質を保証いたしかねます。お客様ご自身の判断でお願いします。

    【補足】
    バターを冷凍する場合は、以下の点にご注意ください。

    • ● 料理などで1回にお使いになる量、例えば10g程度ずつに小分けしてラップ等で包むなど、分けて保存し、お使いになるときは、必要な分だけ冷蔵庫内で解凍してお使いください。また、解凍後は早めにお召しあがりください。
    • ● 冷凍保存は冷蔵保存よりも日持ちしますが、ご家庭の冷凍庫は開閉時に庫内の温度が上昇しやすいため、長期にわたる保存はおすすめしません。
    • ● 冷凍保存したバターを解凍した後、再度、冷凍保存することはおやめください。

    このページのトップへ

  6. Q6.余ってしまったチーズはどのように保存すればいいですか?

    A.

    切り口をラップ等で包み、冷蔵庫で保存してください。開封後は賞味期限に関わらず、できるだけ早めにお召しあがりください。

    このページのトップへ

  7. Q7.チーズを冷凍保存することはできますか?

    A.

    チーズは、一部の商品を除き、凍結すると食感や風味などが変わってしまうため、冷凍保存はおやめください。商品表示で記載している保存方法を守った保存をお願いします。

    【補足】
    加熱して使用するシュレッドチーズ(※)については冷凍保存は可能ですが、商品表示で記載している保存方法(要冷蔵10℃以下)とは異なりますので、品質を保証いたしかねます。

    ※シュレッドチーズ
    ピザやグラタンなどに使用される短冊状のナチュラルチーズのことです。通常、加熱して糸を引くような状態になってからお召しあがりいただくものですが、一部に未加熱でお召しあがりいただける商品もあります。このような商品につきましては、冷凍保存はおやめください。

    このページのトップへ

  8. Q8.マーガリンの上手な保存方法を教えてください。

    A.

    次の5項目を心掛けていただくことをお願いします。

    1. パンにマーガリンを塗る際には、きれいなバターナイフを使うようにしてください。
    2. マーガリンの中に、パンくずなどが入らないようにしてください。バターナイフは入れたままにせず、その都度、きれいな物をお使いください。
    3. マーガリンを使ったら、すぐに冷蔵庫に戻してください。
    4. 冷蔵庫に保存する際は、内ブタや包み紙を密着させ、容器や外箱をしっかり閉めてください。
    5. なるべく早く食べきるようにしてください。

    【補足】

    • ● 「要冷蔵」商品ですので、開封前でも冷蔵庫に保存してください。室温で保存すると、油が浮いたり、結露したりして、カビが生えやすくなります。空気中にあるカビの胞子は目に見えませんが、冷蔵庫内を含め、どんな環境にも存在しますので、保存状態によってはマーガリンにカビが生える可能性があります。特にファットスプレッドの場合、マーガリンに比べて油脂含有率が少なく、その分、水分が多くなっていますので、マーガリンに比べるとカビが生えやすいといえます。
    • ● マーガリンは冷蔵庫で保存し、開封後は賞味期限にかかわらず、早めにお召しあがりください。また、使用後はすぐに冷蔵庫に戻してください。
    • ● マーガリンは、必ず冷蔵庫で保存してください。冷凍庫で保存した場合、解凍時に油分と水分が分離してしまうことがあります。さらに、マーガリンの表面に水分がにじみ出てくることによって、カビが生えやすくなります。以上のことから、マーガリンは冷凍庫では保存しないでください。

    このページのトップへ

  9. Q9.ホイップクリームは冷凍保存できますか?

    A.

    ホイップクリームを完全にホイップした状態での冷凍保存は可能です。ご利用の際は、冷蔵室で解凍してください。この場合、多少組織が変わりますので、デコレーション以外のお料理など他の用途にお使いください。
    なお、ホイップする前のクリームを冷凍すると固化し、解凍すると分離してしまうため、ホイップできなくなります。

    このページのトップへ

  10. Q10.各商品の栄養成分値を教えてください。

    A.

    商品の栄養成分値は下記のPDFデータをご確認ください。

    このページのトップへ

  11. Q11.乳飲料やヨーグルト、デザートなどの原材料に書かれている「乳製品」とは何ですか?

    A.

    乳飲料やヨーグルトなどの一括表示の原材料名の「乳製品」とは、クリーム、バター、バターオイル、チーズ、濃縮ホエイ、アイスクリーム類、濃縮乳、脱脂濃縮乳、無糖練乳、無糖脱脂練乳、加糖練乳、加糖脱脂練乳、全粉乳、脱脂粉乳、クリームパウダー、ホエイパウダー、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、バターミルクパウダー、加糖粉乳、調製粉乳、発酵乳、乳酸菌飲料(無脂乳固形分3.0%以上を含むものに限る。)および乳飲料のうち、1種類もしくは2種類以上使用していることを意味します。

    ただし、加工乳においては原材料名で記載をすることが「飲用乳の表示に関する公正競争規約」で明記されているため、「乳製品」ではなく、個別原材料名で記載しています。

    このページのトップへ

このページのトップへ