お問い合わせ

よくいただくご質問

乳製品や食品全般について、よくお寄せいただくご質問にお答えします。

  1. Q1.ヨーグルトやプリン、ゼリーなどの蓋の(取っ手の部分)の数字は何ですか?

    A.

    カップに中身を充填する機械には、一台に複数(4~8列)のノズル(充填口)があり、平行して同時に充填しているため、その中のどのノズル(充填口)から充填したのかが分かるように、記号(ライン記号)を印刷しています。

    このページのトップへ

  2. Q2.ヨーグルトの表面の水はどうして出てくるのですか?

    A.

    ヨーグルトは主として牛乳のたんぱく質が、乳酸菌の生成した乳酸により固まってできたものです。 この固まり(カード)には原料乳中の水分などが包み込まれています。 ヨーグルトに振動や衝撃が与えられるとこの固まりが崩れ、水分(乳清/ホエイ)が出てくることがあります。 (例えば、「ナチュレ 恵 megumi」をスプーンで取り分けた後、残りを一日程度冷蔵庫に入れておく場合)また、温度上昇や長時間の横置きなどによってこの固まりが収縮するため、たくさんのホエイが分離してきます。

    このページのトップへ

  3. Q3.ヨーグルトの表面に水が出ているが食べても大丈夫ですか?

    A.

    ヨーグルトの表面に出てくる水分はホエイというもので、水溶性のたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養分が含まれていますので、そのままお召しあがりいただけます。

    このページのトップへ

  4. Q4.「恵 megumi ビフィズス菌SP株 カプセルヨーグルト」のカプセルは、噛んでもいいのですか?

    A.

    できるだけ、噛まずにお召しあがりください。
    ビフィズス菌はカプセルに含まれていないと、胃を通る際に、胃酸の影響をうけ、その多くが死んでしまいます。このカプセルは、胃で溶けずに、腸内で溶けるよう設計されていますので、生きたビフィズス菌が、腸内に届くようになっています。

    このページのトップへ

  5. Q5.ヨーグルトは温めて食べてもいいですか?

    A.

    お好みで温めてお召しあがりください。温めたら早めにお召しあがりください。そのまま置いておくと、組織や風味が変わってしまう恐れがあります。また、加熱により分離することがあります。一般的乳酸菌は60℃を超えると死滅してしまいます。
    特に、プロバイオティクスとしての効果を期待する場合には40℃以上に温めないようにしてください。なお、温めてもヨーグルトの栄養成分には変わりはありません。

    このページのトップへ

  6. Q6.生クリーム類が、うまくホイップできないのはなぜですか?

    A.

    ※電動ホイッパー等をご使用になるときは、泡立てすぎないように注意してください。手軽に短時間でホイップができますが、やめる頃合がわからずホイップしすぎて、分離・液状になってしまうことがあります。一旦分離してしまうと、元の状態には戻らないのでご注意ください。
    また、室温の高い部屋でホイップしたり、クリームが冷えていないときは、うまくホイップできない場合があります。

    このページのトップへ

  7. Q7.開封時に生クリーム類が固まっていましたが、なぜですか?

    A.

    生クリームは大変デリケートな食品です。流通過程での振動や衝撃、温度上昇によって固まる場合があります。
    ご家庭で保存していただく場合にも、冷蔵庫の冷気の噴出し口付近や、ドアポケットに保存されますと、凍結したり、ドアの振動で固まる場合があります。
    臭い、味(苦味や酸味)などに問題がなければ、お料理用としてご利用いただけます。

    このページのトップへ

このページのトップへ