CSRの取組み

主な取組み

JA全農WCBF少年野球教室

「JA全農WCBF少年野球教室」は1993年にスタートした財団法人世界少年野球推進財団が主催する野球教室です。
本教室では、青少年の健全育成を目的に、子供たちや参加チームの指導者に正しい野球知識を身に付けていただくと共に、子供たちの父母に対し、成長期の子供にとって重要な栄養摂取についても講義をしています。
子供たちが「夢」や「希望」「相手を思いやる気持ち」を持って楽しみながら正しい野球を学んでもらうと共に、成長期の体にとって正しい食生活が重要であることをお伝えしております。
当社は、青少年の健全育成という意義に賛同し本教室に協賛しています。そして、野球スポーツの振興を通じて、社会に貢献してまいります。

  • 少年野球推進財団(WCBF)
  • 子供たちにピッチング指導をする講師
    (プロ野球OB)
  • 参加者のお母さんを対象にした栄養学教室

大会概要

主催
財団法人 世界少年野球推進財団(WCBF)
理事長:王 貞治
特別協賛
全国農業協同組合連合会(JA全農)
協賛
全国農協食品株式会社、全農パールライス東日本株式会社
JA全農青果センター株式会社、JA全農たまご株式会社
JA全農ミートフーズ株式会社、全農チキンフーズ株式会社、雪印メグミルク株式会社
講師
プロ野球OB+トレーナー+栄養学講師

詳細はこちら

このページのトップへ