CSRの取組み

安全で安心していただける商品の提供

安全で安心な商品をお届けするために

私たちは、安全で安心していただける商品を提供するために、一人ひとりが品質保証活動を推進しています。社長を委員長とした品質保証委員会のもと、商品開発から調達、製造、物流、販売およびお客様・消費者とのコミュニケーションに至るまで、品質目標を設定し、満足していただける品質を追求していきます。品質保証委員会では、品質目標の決定、達成状況の確認・評価を行うとともに、品質に係る様々な問題点について検討しています。

「雪印北海道100 さけるチーズ」がお客様へ届くまで活動報告書より(一部更新)

2009年8月発売の「さけるチーズ 2本入り」には白色部分にそれぞれ賞味期限を捺印しています。

多くの皆様に商品の魅力をお届けしたい

「雪印北海道100 さけるチーズ」は、チーズをさいて食べるという楽しさと、クセのないほのかなミルクの風味、シコシコとした食感が好評で、年々伸長を続けています。
より多くの皆様にこの商品の魅力をお届けしたい!という思いから、なかしべつ工場で生産を開始し、また太樹工場での増産も開始しました。
多くのスタッフの力を結集し、試作を繰り返し行なって現在ご好評いただいている食感を実現しました。「ガーリック味」を新ラインアップとして加え、お客様の笑顔のある食卓に、おいしさと楽しさをお届けします。

【乳食品事業部】

さけるチーズ

企画

おいしさと「さく」楽しさを、もっと多くの皆様に

「さけるチーズ」のおいしさと「さく」楽しさを、もっと多くの皆様に知っていただき、感じていただきたいとの思いから、技術開発プロジェクトがスタートしました。
当社の各専門分野の技術者が結集し、昼夜を惜しまず開発を行ない、30年以上の歴史ある「さけるチーズ」製造技術にさらに磨きをかけました。
プロジェクトメンバーの集中力・責任感・熱い思いを感じながら、自分自身が家族に食べさせてあげたいと思う商品作りを目指しています。

【チーズ研究所】

研究・開発

原料乳の安全・安心の確保に努めて

十勝酪農事務所は、北海道十勝地方の酪農家、関係団体(JA等)と協力して、生乳生産履歴の記帳の推進、抗菌性物質の混入事故防止のための啓発巡回や衛生管理、搾乳方法などの指導を行なっています。
これらの活動を通じて世界最高レベルといわれる北海道産生乳のさらなる品質向上、工場で受け入れるチーズ原料乳の安全・安心の確保に努めています。

【酪農部十勝酪農事務所】

原料乳の品質向上

安全・安心を支える原材料や包装材料を

資材調達部では、皆様の「おいしい笑顔」のあるくらしの実現のため、雪印メグミルク品質保証システム(MSQS)が求める品質規格を達成した安全で安心できる原材料や包装材料を安定的に調達することで、安全・安心な製品を皆様の食卓にお届けすることに貢献しています。
また、包装材料の軽量化や環境にやさしい原材料の選択も積極的に行ない、地球環境の保全にも貢献しています。
雪印メグミルク品質保証システム(MSQS)

【資材調達部】

バルク包装による包装材料の軽量化

原材料・包装材料の調達

徹底した品質・衛生管理は「お客様の笑顔」のために

大樹工場さけるチーズの職場では、多くの皆様においしいチーズを食べていただけるよう、毎日たくさんの「さけるチーズ」を製造しています。
従業員全員が、優れた品質のチーズをお届けするため、品質・衛生管理を徹底し、各セクションで自分の仕事を着実に遂行しています。
日々製造するチーズ1本1本の先には「お客様の笑顔」があります。我々さけるチーズ職場の一同は、その「笑顔」のために、これからも頑張っていきます。

【大樹工場】

徹底した衛生管理のもと、お客様に「さけるチーズ」をお届けします。

製造

品質の責任を担う風土をつくるための品質保証教育を

品質の責任を担う風土をつくり上げるため、従業員全員に品質保証の基礎教育を実施しています。
さらに、製造に関わる中堅社員や監督者には応用研修や監督者研修を、検査に関わる従業員には検査分析研修を行ない、各層のレベルアップを図っています。
また、検査士認証制度を設け、その認証者が出荷検査を行なうことで検査結果の信頼性を高め、商品の品質確保に努めています。

【品質保証部】

真剣に分析技術研修に取り組んでいます。

製造(品質保証教育)

安全・安心とおいしさを保証する徹底した検査体制

さけるチーズの職場で生産された「さけるチーズ」は、品質管理室で、商品の安全性や成分の他に、物性、おいしさ、包装状態などについて、20項目以上の検査を行なっています。
そして、商品自体の検査だけではなく、製造室や製造機器の衛生レベルや室内空気の清浄度などの検査も行なっています。
品質管理室での最終的な出荷検査は、1本1本の「さけるチーズ」の安全・安心とおいしさをお客様に保証するという大きな責任があります。
これからも、北海道の新鮮でおいしい生乳を原料に、皆様に愛されるチーズを生産していきます。

【大樹工場】

出荷

システムを通じて、安全・安心の活動をサポート

情報システム部では、お客様へ安心・安全な商品をお届けするための原料調達・生産・販売・受注業務等、システムの信頼性向上に努めています。私たちの業務は直接的にお客様と接する場面はありませんが、システムの安定稼働に努めることにより、間接的に安全・安心な商品をお届けできると確信しています。
これからも品質の良いシステムを開発・運用していくことによって、安全・安心で品質の良い商品をお客様にお届けしていきたいと思います。

【情報システム部】

管理(情報システムの信頼性向上)

安全・安心、おいしさをお届けする最適な輸送・保管体制

工場から出荷された製品は、直接店頭に並びお客様の手許に届けられるのではなく、一旦営業倉庫に保管され、そこからトラックで卸店を通じて店舗に配送されます。
物流部では輸送業者・保管業者と連携し、流通品質に充分留意して、安全・安心に製品を届けられるよう、取組みを継続しています。
製品の特性により「輸送・保管」の温度帯について、基準を設けています。
「さけるチーズ」はチルド製品に区分されますが、保管倉庫内では温度1~5℃の範囲で湿度70%以下、輸送コンテナ内では温度10℃以下の基準を適用しています。
安全・安心でおいしい製品をお客様にお届けするために、最適な輸送・保管体制を追求しています。

【ロジスティクス部】

輸送・保管

「おいしい顔」の広がりを目指して

九州統括支店では、商品をお客様にご提供するにあたり、自らが商品そのものを深く知る活動から始めています。
社内の専門家を招き、生乳からチーズができるメカニズム、「さけるチーズ」がなぜさけるのかを学び、「さけるチーズ」の疑似製造体験も行ないました。
このように私たち自身が、より深く商品を理解することで、お客様に自信を持ってご提供できると考えています。
また、販売する際はお客様の「おいしい顔」を思い浮かべ、様々なメニュー提案を心がけています。
九州特産の野菜と「さけるチーズ」を組み合わせた料理を店頭でご提案し、「さけるチーズ」を通じた「おいしい顔」の広がりを目指していきます。

【九州統括支店】

販売

お客様に「食」の大切さを知ってもらいたい

全国の食育チームでは、乳製品や酪農を通じて、お客様に「食」の大切さを知ってもらいたいという願いから、チーズセミナーや小中学校への出張授業、料理講習会などの「食育」に関する様々な取組みを行なっています。
また、ホームページでは「お料理レシピ」サイトでチーズなどの乳製品を使用した約700レシピを紹介しています。
デザートレシピのみならず、「和食とチーズ」の組み合わせのレシピも紹介しています。
普段の食生活に乳製品を取り入れていただき、多くの皆様の食卓においしいお料理をお届けできるように、これからも努力していきます。

【食育チーム】

楽しく学べる「子供料理講習会」のもよう

消費(食育)

お客様の声を活かした商品作りを

お客様センターには商品に関する様々な声が寄せられます。
その声は研究・開発から製造や物流、販売にいたる様々な工程で活かされています。
中でも幅広いお客様から支持をいただいている「さけるチーズ」へのご要望は年々増えています。
具体的には「『さけるチーズ 30g×2本入り』の左右それぞれに賞味期限を表示してほしい」という声にお応えして2009年8月より「左右両面への賞味期限表示」へと改善をいたしました。
今後もお客様の声を活かし、「さけるチーズ」を皆様の食卓にお届けします。

【お客さまセンター】

消費(お客様センター)

お客様の声を商品の開発に活かしています。

このページのトップへ