CSRの取組み

地域との協定

北海道庁との包括連携協定

2007年10月、雪印乳業(株)、雪印種苗(株)、(株)雪印パーラーは、北海道と包括連携協定を締結し、酪農振興への貢献および乳製品製造で培った技術を活かし、「食」を中心とするさまざまな分野で創業の地、北海道の経済活性化へ寄与してきました。また、2009年10月の経営統合を機に、雪印メグミルクグループが引き継ぎ、北海道との連携をより強化させています。

※1 産消協働
地域の「消費者」と「生産者」が連携し、地元の資源や生産物を地元で消費・活用することにより、域内循環(人、もの、お金の流れ)を高めて地域経済の活性化を図ろうという運動です。

北海道庁赤れんが庁舎前庭での花壇設置について

「道庁赤れんが庁舎」は、年間約40万人の観光客が訪れる北海道を代表する観光、写真スポットです。
包括連携協定事業の一環として、世界に通用する北海道の花をブランドとして定着させた「花観光」を推進するため、北海道らしさをイメージした「花壇」を、2013年7月に、札幌市内の幼稚園児(約90名)と一緒に完成させるイベントを実施しました。

札幌市と「さっぽろまちづくりパートナー協定」を結んでいます

2012年3月に札幌市と雪印メグミルク(株)は「さっぽろまちづくりパートナー協定」に調印しました。協定を結ぶことにより、「企業自らがまちづくりに参加し、『市民が主役のまちづくり』に取り組む」という考え方に沿い、「子どもが健やかに育つまちづくり」に札幌市と協働していきます。

「さぽーとほっと基金」に寄附を行っています

雪印メグミルクは札幌市のまちづくり活動に賛同し、酪農と乳の歴史館の見学者数に応じ「さぽーとほっと基金」に寄附を行っています。皆様のご来館が、「さぽーとほっと基金」を通じ、こどもの健全な育成を支援する活動を応援しています。

札幌市役所前『おもてなし花壇』の設置について 【さっぽろまちづくりパートナー協定】

今年も札幌市役所前庭歩道に「おもてなし花壇」(コンテナ花壇)が設置され、札幌市と締結した「さっぽろまちづくりパートナー協定」の取組みの一環として、当社グループ(雪印メグミルク・雪印種苗)から花苗の提供いたしました。

このページのトップへ