カッテージ - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

カッテージ

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

カッテージ

その他の表記・呼ばれ方
  •  カッテージチーズ
  •  ポップコーンチーズ(アメリカ)

英語・仏語表記:Cottage

種類:フレッシュタイプ

乳種:牛乳(脱脂乳)


カッテージとは

生乳から乳脂肪分を取りのぞいた脱脂乳などを原料に作られるチーズです。脂肪分を除去しても、たんぱく質やカルシウムなどの栄養成分はそのまま残されているため、ヘルシー志向の料理の材料や、ダイエット中のカロリーコントロールとしても注目されています。
粒状タイプ(白いそぼろ状)と裏ごしタイプがあります。(クセのない軽い風味です。)


カッテージの製法

温めた脱脂乳などに乳酸菌を加えた後にレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードからさらに水分(ホエイ)を除いたものがカッテージとなります。
その後、他のチーズは熟成させますが、カッテージなどのフレッシュチーズは熟成を行ないません。
粒状タイプと裏ごしタイプがあります。脂肪が少ないのであっさりしています。


カッテージの産地

イギリス、またはオランダといわれています。
もともと自然に酸敗した乳からつくられたといわれており、世界最古のチーズの一つです。このチーズは、乳が貯蔵されたまま、忘れられていたものを熟成工程を取らないうちに食することにより、偶然発見されたのではないかといわれています。


カッテージの食べ方

<簡単レシピ>
・そのままサラダに入れて
・いちご、もも、ぶどうなど果物と盛り合わせて
ちらしずしに
ディップソースに
ベイクドチーズケーキ

【お料理レシピ】
その他のカッテージのレシピ

保存するときは、冷蔵庫の臭いを吸収するので、タッパーなどの密閉できる容器に入れて保存しましょう。

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
プレーン ・辛口~甘口の軽めの白ワイン
・辛口~甘口のロゼワイン
・スパークリングワイン

チーズおしゃべり隊 ーカッテージ編ー

■チーズ対決
カッテージ・プレーンVSカッテージ・うらごし
■カマンベールを使ったメニュー
スペシャルサンドイッチ