ミルクの仕事Job Guide

カラダをつくるおいしさは愛がつくる。
ココロを和ませるおいしさは手がつくる。

社員の声

事務営業系の仕事 営業

量販店・コンビニエンスストアなどで販売される家庭用商品の営業、食品メーカー・外食産業への業務用商品の営業、宅配商品を扱う販売店への営業があります。家庭用担当は、売り場提案、販売促進プロモーションの支援、業務用担当は、メニュー提案や商品の共同開発、販売店担当は、拡売や事業拡大のための施策を販売店と一緒に考えます。また、マーケティング・営業企画などのスタッフとして、販売戦略の立案にも携わります。

icon4

MY FIELD 10Atsushi Matsuda

販売店経営者と共に悩み、考え、支え合い、協働することで、共に大きく成長できる仕事です。

松田 敦志

市乳事業部関東販売課 営業
2012年入社(経営学部経営学科経営戦略系卒)

お気に入りの自社製品

「カルパワーMBP®」

宅配商品のカルシウム強化飲料ですが、その他入っている成分もとにかく素晴らしい。高齢化社会の中で人々の健康を救う商品に値すると思います!

ある日のワークログ
08:15
出社。メールをチェックし、当日の商談資料の最終確認。
09:00
外勤へ出発。その日の予定に応じて、車で行くか電車で行くか決めます。
11:00
少し早めのランチ。せっかくの機会なので、その地域のおすすめの食事をネットで検索して向かいます。
12:00
販売店へ到着し、商談開始。
13:30
商談終了。次の店舗へ向かう。
14:15
2件目の取引先へ、頼まれていた資料を持参。
16:30
帰社。メールチェックと明日の商談用の資料を作成。
18:30
退社。
一つ一つの積み重ねが、経験の層を厚くする。

入社以来、静岡、北東北、関東と異動してきましたが、私の仕事はずっと一貫して牛乳販売店への営業活動です。「売ってください」「数字を伸ばしてください」と“言うは易く行うは難し”とはまさに。お店の規模や地域性などによっても対応は変わりますし、何より経営者一人ひとりの個性に合わせた営業活動をすることがポイントになります。相手先の組織や管理体制の悩みに耳を傾け、一緒に解決していきながら、その結果当社としても販売店としても共に拡大していく。そういう一つ一つの積み重ねが結果につながっていくことにやりがいを感じます。経営者相手の商談は一筋縄ではいきませんが、それもまた販売店セールスの醍醐味であり、楽しいところだと思っています。担当店が変わるたびに経験値も上がり、営業マンとしての感性が磨かれているようにも感じます。経験が増えれば増えただけ、次の販売店でその経験が生きる、生かされると感じる場面も少なくありません。まだまだ学ぶことは多いですが、担当した販売店の数だけの経験値は身に付いていると思っています。

信頼関係を築くための、地道な努力は怠りません。

私は販売店を相手に営業をしていますが、販売店の経営者だけを相手にしているわけではありません。経営者の方の下には従業員がいて、その家族の皆さんがいらっしゃる。だから私もそこまで考えて提案しなければならないと思うし、相手を思う気持ち、思いやりの気持ちは忘れてはならないと思います。そのためには信頼関係を築かなければなりません。

それぞれのお店を良くしていくために、話を伺い改善点を見出し、提案していく。という流れの中で、自分も経営を知らなくてはならない、さらにお金の流れを知らなくてはならないと思い、かなり勉強もしました。もし牛乳販売店の営業にならなかったら、そういう考えに至らなかったと思うと、この仕事に就いて学んだことは多いとつくづく思います。

関東に異動になるとき、とある販売店の経営者の方から、担当が私でよかったよという言葉をかけていただき、それまでの努力が報われた気持ちになりました。これからも私が得た経験が次の販売店に生きていくよう、地道に努力していくことが何よりも大切だと思っています。

PRIVATE TIME

  • 結婚して仕事へのモチベーションもさらにアップ!入社してから2017年3月までずっと一人暮らしだったので、妻と2人で暮らし始めたことが何より楽しいです!

  • 新婚旅行で言ったフィレンツェでパチリ。とても楽しい旅行でした。これから毎年どこかには旅行に行きたいので、仕事も一層がんばらなければ!

  • 私の
    好きな
    言葉

    「実るほど こうべを垂れる稲穂かな」

    稲が伸びている時(=成長期)は上を目指して一生懸命物事に取り組み、そして実がなった時(=成功した時、成果を上げた時)は、傲慢にならず謙虚さを忘れないよう心がけています。

  • 私の
    力の源

    「社内の同期」

    皆がそれぞれの部署で頑張っている話を聞くと、自分も頑張らないと!といい刺激をもらっています。関東に異動になって周囲の同期の割合がグッと増えたのでますます気合が入っているところです。

  • 私が
    今熱中している
    こと

    「野球観戦」

    もともと野球が大好きなのですが、地方勤務だったためなかなか観戦できませんでした。関東に異動になってからは野球場に足を運びやすくなったので、気軽に行けてとても楽しいです。また、野球好きであることが伝わったのか、社内でも野球好きの知り合いが増えて輪が広がりました。

学生の皆さんへ、ひと言エール

その時代によって就職活動のやり方は変わると思いますが、自分自身をどれだけ語れるのかという部分は、いつの時代も変わらず、必要なことだと思います。だからこそどんな仕事がしたいのかと考える前に、自分がどんな人間か、自分には何ができるのかをぜひ見つめ直してみてください。
また、説明会には社会見学のつもりでどんどん参加することをおすすめします。たくさん参加すれば内定がもらえるというわけではありませんが、社会に出てから他の会社の話を聞いたり質問する機会はそう多くはありません。就職活動中だからこそできる特権だと思いますので、よい機会にしてください。