CLOSE

ミルクの仕事Job Guide

カラダをつくるおいしさは、愛がつくる。
ココロを和ませるおいしさは、手がつくる。

社員の声

事務営業系の仕事 ロジスティクス

量販店や卸・販売店・学校などのお客様からの注文に応じて、商品を確実にお届けすることがロジスティクスの仕事です。具体的には、将来の販売量を予測して工場へ製造を依頼したり、各出荷拠点の在庫・品質などの商品管理や、商品を安全にタイムリーにお届けするための出荷・配送の手配を行います。

icon9

MY FIELD 07Takashi Miyamoto

物流の変化に伴う大きなうねりの中で、物流関連の企画・立案ができることに、大きな醍醐味を感じています。

宮本 隆志

ロジスティクス部 広域ロジスティクスセンター
2006年入社(経済学部卒)

お気に入りの自社製品

「雪印北海道100 カマンベールチーズ」

入社するまで、あまりナチュラルチーズを食べたことがなかったのですが、このカマンベールチーズを初めて食べた時、そのおいしさに感動しました。それ以来、ナチュラルチーズが大好きになりました。

ある日のワークログ
08:30
出社。メールをチェックしながら、今日やるべきことを整理。
09:00
朝礼。今日1日のスケジュールをチーム内で共有。
10:00
効率化取組・提案の立案に向け、輸送実績をデータ抽出し分析及び資料作成。
11:45
自席で弁当を食べながら、ニュースをチェック。
13:00
チームミーティング。翌週以降のスケジュールを共有し、今抱えている課題や進めている案件の進捗状況の報告。
14:00
生産部門・調達部門と、阿見倉庫の在庫ミーティング。最需要期に向けた、在庫保管に関する調整及び対応策の検討。
15:00
在庫ミーティングの議事録作成。関係部署へ内容確認のメール送信。
16:00
効率化取組・提案の立案に向けた資料作成を再開。コスト削減に向け、輸送効率化を常に考える。
18:00
本日の業務終了。子どもたちに少しでも早く会いたいので、寄り道せずに帰宅。
物流界の変革期、当社として物流をどう変えていけるか。

全国的な乳製品の在庫物量の管理・運用から、輸送業務の効率化や輸送料金の交渉まで、物流に関わる幅広い業務を行っています。物流業界はドライバー不足や法改正など、今、大きな転換期を迎えています。時代の流れに合わせて、当社として物流をどう変えていくことができるのか。その大きなうねりの中で企画・立案できることに、重責を感じると同時に大きな醍醐味を感じています。

阿見総合物流センターの立ち上げの時に、倉庫移管・製造ライン移管をスムーズに行うための在庫管理を、物流部門担当として任されたことがとても印象に残っています。移管のために製品を欠品させることはもちろん、在庫を持ちすぎて滞留品を出すようなことがあってもいけないため、在庫管理や輸送方法など、生産部門営業部門と共にセクションの垣根を越えて調整を行いました。阿見工場は最先端の技術が投入された国内最大級の乳製品製造工場。物流センターも最大級の規模を誇る施設ですので、細心の調整が必要でした。非常に神経を使う作業でしたが、大変だった分、今となってはいい思い出になっています。

どんなに無茶な依頼でも、最善を尽くす努力は怠りません。

入社後6年間、営業部門を経験してから、ロジスティクス部門に配属になりました。そのため、営業担当の仕事の流れや気持ちが少しわかるところがあります。だからこそ、急な依頼に対しても冷静に対処できますし、どんなに無茶な依頼でも、頭ごなしに無理と決めつけず、できる限り対応に向けた行動を取ることができるのだと思います。最終的にどうしても対応できないということもありますが、力を尽くしたことは相手に伝わるようで、それが信頼につながっていると感じています。

2018年9月、北海道胆振東部地震の際は、北海道全域が停電となり、これまでにない対応を迫られました。各工場は震源地から距離があったので、直接的な被害はほとんどありませんでしたが、停電の影響は甚大で、当社の核となる北海道の工場からの出荷・転送業務がすべて停滞してしまいました。夏の豪雨災害等も尾を引いていたため、一時はどうなることかと思いましたが、固定電話も通じないなか携帯電話のやり取りのみで、運送会社と協力し、トラックをかき集めるなどして、何とか事なきを得ました。大変な数日間でしたが、この困難を乗り越えられたことは、自身にとって大きな糧となったと思います。この経験が今後の業務に活かせるよう、変化への対応力に富み、より安定的で効率的な物流体制の構築に取り組んでいきたいと思います。

PRIVATE TIME

  • 息子と初めて花火をした記念にパチリ。しかし、息子は花火に全く興味なしの様子。

  • 今年の夏、群馬県みなかみ町に家族で旅行した時の写真です。大きな川では初めての川遊びでしたが、急な流れにも臆せず、ザブザブと入っていく息子に大きな成長を感じました。

  • 私の
    好きな
    言葉

    「笑う門には福来る」

    辛いこと、苦しいことがあっても、笑っていれば気持ちも楽になる気がします。また笑っていれば、周りにもいい影響を与えることができると思っています。

  • 最近の
    出来事

    1歳半の息子が、「パパ」「ママ」「ちょうだい」「どうぞ」など舌足らずながらも言葉を覚えて話し出すなか、なぜか「西武線」と言えるようになったこと。うれしさと同時に驚きもあり、印象に残っています。

学生の皆さんへ、ひと言エール

広い視野をもって、いろいろな企業を見てください。その中で自分が楽しめて、働きたい!と思える会社を見つけることが、何より大事だと思います。その会社が当社であれば一番ですが…。
就職活動は楽しいことばかりではありませんが、無理をせず、自分のペースでがんばってください。
一緒に働ける日を楽しみにしています!