CLOSE

ミルクの仕事Job Guide

カラダをつくるおいしさは、愛がつくる。
ココロを和ませるおいしさは、手がつくる。

社員の声

事務営業系の仕事 海外事業

当社の海外事業展開としては、国内製造商品(家庭用・業務用)の輸出の他に、海外拠点における粉ミルクやプロセスチーズの製造・販売なども含まれます。既存展開市場における商品戦略・販売政策の立案・推進といった営業業務の他に、新規市場の開拓、海外拠点における生産管理業務、輸出入に関する貿易実務、海外現地法人の収支管理など、業務範囲は多岐に渡っています。

icon10

MY FIELD 12Yoshinari Furukawa

安心で信頼できる雪印ブランドのおいしいチーズを海外でも定着させていきたい。

古川 善就

海外事業部 事業推進グループ
2006年入社(経済学部卒)

お気に入りの自社製品

「恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ」

出張時など、入手できない時以外は毎日飲んでいます!

ある日のワークログ
08:20
出社。『恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ』をぐびっと一飲みしてからメールをチェック。
09:00
出張のレポートを作成。面談内容は海外の代理店と共有できるように英語で議事録を作成。
11:45
お昼は愛妻弁当。手作りの卵焼きはいつもおいしいです。
12:30
先週の出張時に売り場確認をした際の、他社製品の価格などをまとめる。また、作成した議事録を代理店に送付し、双方の認識にギャップがないかを確認。
14:30
上司にレポートの内容を報告。商談内容から、次回への課題及び解決方法について打ち合わせ・相談をする。
16:30
稟議書作成。出張で代理店と協議・合意した販促内容を実施すべく、稟議書を作成する。見積に解読不可能な言語が入っている場合は、現地法人や同僚の助けを借りて翻訳。
17:45
退社。
タイでプロセスチーズが販売に。これからがいよいよ正念場。

日本で製造した乳製品、または、海外にある当社資本の入った工場で製造した乳製品の輸出業務が、海外事業部の主な仕事。輸出業務といっても、商品企画から物流、生産など、さまざまな役割があるなか、私は実際に現地に赴き、当該市場の代理店と商談を行う営業を担当しています。そのため、海外出張が非常に多い仕事といえます。先日も中国へ行き日本に戻ってすぐタイに向かい、再び日本に戻り、落ち着く間もなくシンガポールや中国へという日が続きました。アジア圏なので時差は少ないとはいえ、移動に往復12時間という場合も多く、どうしても寝不足は免れませんが、内勤が苦手な私にはこれが意外と性に合っているように思います。

2018年10月末から、タイ国内で当社グループ会社のインドネシア工場で製造したプロセスチーズを輸入・販売する運びとなりました。担当になってから販売にこぎつけるまでに1年半、全体では2年以上の時間を要したプロジェクトだったこともあり、非常に感慨深いものを感じています。タイで当社ブランドのプロセスチーズがどのように受け入れられるのか、今はまだ期待と不安で半々ですが、長い目で見守っていきたいと思っているところです。

海外事業で得た経験を、会社の未来に貢献できるように。

日本の人口がどんどん減少していく中で、海外市場を広げていくことは、当社にとって非常に意義のある業務であると考えています。しかし、海外での市場開拓は並大抵のことではありません。たとえば、タイはチーズの消費量が日本と比べても非常に少ないため、まずはどうすれば食生活にチーズを取り入れてもらえるかという大きな課題が立ちはだかります。

現地法人との商談は英語でのやり取りになりますが、非ネイティブ同士なので、どうしても細部が伝わりにくくなります。それをどう乗り越えていくかと言えば、とにかく互いに納得のいくまで話し合うことなんですね。インドネシアでのチーズ市場開拓が、諸先輩方の活動で成功した実績があるとはいえ、タイでは商習慣が全く異なるので、ゼロというよりむしろマイナス地点からのスタートでした。時間をかけてプラスにしていく作業は非常に骨が折れましたが、雪印ブランドを前面に押し出し、安心で信頼のできるおいしいチーズであることをアピールしてきました。これからさらに海外で交渉を重ね、新たな何かを開拓できれば、きっと会社の新しい財産になっていくはず。会社の未来に貢献できる仕事であることが、私にとって大きな醍醐味と感じています。

PRIVATE TIME

  • シンガポールにて。骨付きの豚肉を煮込んだ料理「バクテー」を食べている時に、誤って骨の方に思いきり噛みついてしまい、前歯が折れました…現在治療中です。治療に1年くらいかかるらしく、今は仮の歯を入れています。

  • タイで食べた牡蠣のオムレツです。正直タイで牡蠣を食べるのは勇気がいりましたが、恐る恐る食べてみたらものすごくおいしくて、以来すっかりはまってしまいました。

  • 中国で食べたショウロンポウです。現地法人のスタッフに「ショウロンポウ好きなんですよね」とうっかり正直に発言してしまったところ、ものすごい量を注文されてしまいました。ショウロンポウは最初に少しだけかじって、中のスープをそのまま飲むのが本場の食べ方のようです。出来立てはとても熱いですが、大変おいしかったです。

  • 私の
    好きな
    言葉

    「止まりさえしなければ、
    どんなにゆっくりでも進めばよい」

    留学経験も何もない私が、英語で商談しなければならない立場となり、一抹の不安を抱えながらも「止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい」と信じて勉強を続けてきました。これからもそう信じ、勉強に励んでいきたいです。

  • 私が今
    熱中している
    こと

    週末、2人の息子のサッカーを見ることに夢中です。見るだけではなく審判の手伝いをすることもあります。2人が一生懸命ボールを追う姿を見ているだけで楽しいです。

  • 学生時代の
    思い出

    高校時代、同級生だった現在の妻に出会い、毎月1回告白して、毎月振られていました。今となってはいい思い出です。

学生の皆さんへ、ひと言エール

偉そうなアドバイスはできませんが、就職活動のタイミングは、これからの人生を考えるよい機会だと思います。だからこそ、いろいろ悩むことも多いと思います。一人で悩み、考える時間も大切だと思いますが、全部を一人で抱え込みすぎずに、思い切って頼れる友人やご両親に相談してください。たぶん、私よりも何倍もよいアドバイスをしてくれると思いますよ。