特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

ぷかぷか魚つりぷかぷかさかなつり

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

お風呂(ふろ)やビニールプールなどで、魚(さかな)つりを楽しんでみよう!

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)数本分

    ※牛乳パックはあらって、かわかしておく。

  • ○食品トレイ

  • ○釘(クギ)またはネジ

  • ○ゼムクリップ 魚1ぴきに1こ

  • ○タコ糸

  • ○折れ曲がるストロー1本(又は割りばし)

  • ○丸じしゃく

  • ○はさみまたはカッター

  • ○油性(ゆせい)フェルトペン

  • ○ホチキス

  • ○セロハンテープ

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚(せんまい)どおしなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックの裏(うら)の白い部分(ぶぶん)に、折りスジが背中(せなか)になるように、魚の形を書きます。
    折り合わせて、線にそって切りぬきます。
    ※写真のように、背の部分がつながった開きができる。

  • 2

    デザインされた面に、背びれなどを油性(ゆせい)フェルトペンで書きます。
    目やえらの横にある、ひれを作ってはります。

  • 3

    魚の大きさに合わせた食品のトレイを、魚の背中(せなか)の部分に、セロハンテープで止めます。
    腹(はら)の部分に、釘(クギ)またはネジなどの重(おも)りをセロハンテープでとめます。

    ※魚の大きさや浮力(ふりょく)などで、重りの量(りょう)は違ってきます。1?2か所、ホチキスで仮止めをして、実際(じっさい)に水に浮かべて調節(ちょうせつ)しましょう。

  • 4

    頭(あたま)、または口の部分(ぶぶん)に、ゼムクリップをつけます。二つ折りにし、はじをホチキスでとめます。
    食品トレイの浮きが入っているので、実際の魚のように、ふくらみがでます。セロハンテープでも、とめます。

  • 5

    つりざおを作ります。
    ストローの先にタコ糸を結(むす)び、糸の先に丸じしゃくを結びつけます。
    つりバリになるゼムクリップは、図のようにひろげてひっかけます。

  • 完成

    いろんな種類(しゅるい)のパックを使うと、カラフルな魚たちができます。
    エビやカニのように、海底にいるものも、重りや浮きを工夫(くふう)して作ってみましょう。

遊び方(あそびかた)

ボタン

  • お風呂やプールの水に魚を入れて、上手につり上げてください。
    大きい魚がつれると、つりざおのストローがぐぐっとしなって、本当にお魚がつれたように感じます。