テット・ド・モワンヌTête de Moine:仏語表記

他の【セミハードタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 セミハードタイプ
原料乳 牛乳(無殺菌乳)
原産国 スイス
⾒た目の特徴 円柱形で、表皮は赤褐色で、やや湿り気を帯びる。中⾝は⻩色から淡い褐色。
味の特徴 濃厚な甘味とコクがあり、どっしりとした味わい。
熟成期間 最低75日間
(エピセアの棚の上で熟成)
固形分中乳脂肪 51〜54%

テット・ド・モワンヌとは

スイス建国より前の1192年のある⽂書にベルレイ修道院でのチーズづくりの記録が残っていることなどから、歴史の⻑いチーズといえます。
フランス⾰命が勃発すると、修道院から追われた修道⼠の後を継いで近隣の住⺠がチーズをつくるようになりました。1970年にはテット・ド・モワンヌ(修道⼠の頭)という名称で呼ばれ始めています。1981年には、ジロールという専⽤のチーズ削り器が開発され、その後、飛躍的に需要が増えました。
通常は銀色のアルミホイルで包まれていますが、4ヶ⽉以上熟成されたものは⾦色のホイルで包まれ、「Tête de Moine Reserve」と表示されています。

形状はやや膨らんだ円柱形で、直径10〜15cm、⾼さは直径の70〜100%、重さ700g〜2kg。
(市場では、ジロールに合わせて700〜900gのものが多い)

テット・ド・モワンヌの製法と産地について

温めたミルクに乳酸菌を加えた後にレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。カードをカッティングしてバットのホエイの中で加圧します。ホエイを抜き取ってから、固めたカードを切断します。
それを型に詰めた後さらに加圧して、塩水に漬けてから熟成させます。

テット・ド・モワンヌの食べ方

専⽤の削り器「ジロール」で、花びらのように薄く、ふわっと削っていただきます。

おすすめレシピ

調理例

スパイスをまとわせて

花びらのように薄く削ったテット・ド・モワンヌに、クミンパウダーやシナモンパウダーをまとわせて。味わいの変化を楽しんで。

テット・ド・モワンヌにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • フルーティーな赤ワイン、コクのある赤ワイン
  • フルーティーな白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ