リコッタ - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

リコッタ

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

リコッタ

その他の表記・呼ばれ方
  •  リコッタチーズ

英語・仏語表記:Ricotta

種類:フレッシュタイプ

乳種:牛乳、羊乳、水牛


リコッタとは

リコッタは、固めたミルクから出てきた水分、すなわちホエイ(乳清)を加熱して固めます。リコッタという名前には「二度煮る」という意味があります。このチーズを作るときの製法から名づけられたと言われています。
リコッタはホエイ(乳清)から製造するので低脂肪なのが特徴です。
さっぱりした味で、やわらかで口当たりが良く、ミルクの自然な甘さが残った乳製品です。
また、リコッタの中でもホエイに生クリームを加え作られたリコッタは、よりクリーミーな味わいが楽しめます。
日本では2005年10月から法令上の種類別名称が「チーズ」ではなく、「乳又は乳製品を主原料とする食品」に変更されました。


リコッタの製法

通常のチーズ製造では、温めたミルクにレンネットを加え、凝固したたんぱく質を分離してチーズにします。
リコッタは、その際できたホエイ(乳清)を再度、高温で加熱し、熱で凝固して表面に浮かんだたんぱく質をすくって集め、軽く水分を切ります。


リコッタの産地

イタリア など

チーズで世界旅行 イタリア


リコッタの食べ方

フレッシュタイプですので、購入したら早めに食べましょう。
フルーツやはちみつなどと抜群の相性です。
また、そのまま食べる以外にパンに塗ったりジャムと混ぜるなど他のものと合わせても、クセのない味が生かせます。
イタリアでは、様々なお菓子づくりやお料理に使われています。

<簡単レシピ>
・食べやすい大きさに切ったバナナにリコッタとメープルシロップをかける
・肉料理に添えて

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズの切り方のコツ
チーズのタイプ別おすすめワイン
季節の食材やイベントを楽しむ「チーズカレンダー」

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
プレーン ・辛口~甘口の軽めのワイン
・オードブルには辛口、デザートには甘口
・スパークリングワイン
スパイス入り ・辛口のロゼワイン
・軽めの赤ワイン