お問い合わせ

お客様の声にお応えしました

雪印メグミルクでは、お客様からお寄せいただいた一つひとつの声を大切にし、そのお声を活かした商品開発・改善に努めています。ここでは、そうしたお客様の声を活かした商品をご紹介します。

プロセスチーズ

粉チーズのフタの開け方を大きくイラストにして表示しました。

[粉チーズ] 2018年10月

お客様の声

フタの開け方がわかりにくい。

このように改善しました。

フタの開け方の手順をイラストにして、パッケージ側面にはっきりと表示しました。

このページのトップへ

粉チーズのフタに、大小2種類のあけくちをつけました。

[粉チーズ] 2018年10月

お客様の声

少しだけ使いたいのにチーズが出すぎてしまう

このように改善しました。

フタのあけくちを2種類に増やし、お好みの量に合わせてチーズを振り出せるようにしました。

このページのトップへ

箱(カートン)の開封シールを、改良しました。

[6Pチーズシリーズ] 2017年9月

お客様の声

開封シールがつまみにくくて開けにくい。
店頭でシールをはがされても分からないので不安。
開封シールで底面の表示が読めなくなることがある。

このように改善しました。

開封シールを、つまみやすくて開けやすいかたちにしました。
一度開封すると、再び貼ることができない材質にしました。
シールを貼る位置を固定し、文字や記号が隠れないようにしました。

このページのトップへ

フィルムの「あけくち」表示を分かりやすくしました。

[粉チーズシリーズ] 2014年7月

お客様の声

フィルムのフタ部分の「あけくち」の表示がわからない。

このように改善しました。

「あけくち」表示を本体とフタの2箇所に分かりやすく表示しました。

このページのトップへ

あけくちの形状と位置を改良し、開けやすくさせました。

[ベビーチーズ] 2013年9月

お客様の声

3角形のあけくちが開けにくい。

このように改善しました。

あけくちの形を改良すると共に中央から開けるようにし、開けやすくさせました。

このページのトップへ

こんがり色づくまでの状態が分かるよう、パッケージ側面にイラストで図解しました。

[雪印 こんがり焼ける とろけるスライス]
2012年4月

お客様の声

オーブントースターで焼いても、チーズに焦げ目がなかなかつかない。

このように改善しました。

「オーブントースターで焼く」→「チーズが一度ぷっくりふくらむ」→「その直後にこんがりと色づく」という過程が分かり、すぐに焦げ目がつかなくても安心していただけるように、裏面にイラストで図解を入れました。

このページのトップへ

箱のあけくちの形状を改善しました。

[雪印 毎日骨太MBP® チーズ スリムパック]
2009年5月

お客様の声

いつも商品を買うときに、箱の「あけくち」が開いている。開けやすいのはいいけれど、こんなに簡単に開いてしまうのは、考えてほしい。

このように改善しました。

あけくちの形状を変更し、簡単に開いてしまうことがないように改善しました。

このページのトップへ

チーズを包む透明フィルムのはがし口を分かりやすくしました。

[雪印 スライスチーズ]

お客様の声

「雪印 スライスチーズ」の透明フィルムって、はがし口を探すのが大変。分かりづらくてはがすのが面倒になる。

このように改善しました。

透明フィルムのはがし口の目安線を太く、矢印や文字も太く大きく表示しました。それによってはがし口が分かりやすくなりました。

このページのトップへ

北海道産チーズの配合率を表示しました。

[雪印 北海道チーズ] 2003年3月

お客様の声

「雪印 北海道チーズ」は北海道の原材料100%で作られているのか。

このように改善しました。

商品名のように、パッケージで伝えている産地名や原料チーズについて、お客様に正しい内容を知っていただくために、パッケージ表面に産地および原料チーズとその配合率を表示しました。(「北海道チーズ」は、北海道産ゴーダチーズを60%以上配合しています。)
※「雪印北海道チーズ」は、現在「雪印北海道100 チーズ」という商品にリニューアルして発売されています。

このページのトップへ

お子様が持ちやすく食べやすいチーズを開発しました。

[雪印 ハイ!チーズ] 2002年9月

お客様の声

子どもでも食べやすいチーズがあるといい。子どものおやつにチーズを食べさせたい。

このように改善しました。

パッとむける新包装で、持ちやすく食べやすいチーズを開発!「イージースマートパック」と名付けました。小さなお子様にもちょうどよい食べきりサイズ(約12g)。お子様のおやつなどにどうぞ。
※現在、お子様用チーズとしては「雪印 1才からのチーズ」「雪印 3才からのチーズ」に、この技術が使われています。

このページのトップへ

パッケージ全体をプラスチック化し、分別しやすくしました。

[雪印 粉チーズ]

お客様の声

容器本体は紙で、フタはプラスチック、底はスチールだとゴミの分別処理が面倒だ。

このように改善しました。

容器本体とフタ、底の素材を同じプラスチックに変更することによって、ゴミ処理の簡便化を図りました。さらに、ふたが取りはずせるので、計量することもでき、最後まできれいに使いきれます。

このページのトップへ

原料産地と製造場所を明記しました。

[雪印 コクとうまみのひとくちチーズ] 2002年10月

お客様の声

パッケージには「北海道産ナチュラルチーズ 芳醇ゴーダ100%」と書いてあるのに、製造者欄には「八ヶ岳乳業」と書いてある。これはどういうことなのか。

このように改善しました。

北海道で作ったナチュラルチーズなのに、なぜ製造者が八ヶ岳乳業なのか、その理由をパッケージの裏面に記載しました。その内容は「この商品は北海道なかしべつ工場で生産した「雪印北海道100 芳醇ゴーダ クラッシュ」を八ヶ岳乳業小淵沢工場でひとくちサイズにクラッシュして(砕いて)おります。」

このページのトップへ

開封した際に表示が切り取られないように工夫しました。

[雪印 ビールにチーズ] 2004年5月

お客様の声

「あけくち」から開封すると、栄養成分表示や原材料の表示が切り取られてしまうので、見たい部分が見れなくなってしまう。

このように改善しました。

お客様にとって必要な情報の優先順位を考慮しつつ、栄養成分や原材料などの表示が開封によって切り取られない位置へ変更しました。

このページのトップへ

箱の裏側のテープを目立つ色にしました。

[雪印 6Pチーズ]

お客様の声

最初に箱を開ける時、テープの色が目立たないので、なかなか探せない。誰にでも見やすい色にしてくれたらうれしいのに。

このように改善しました。

テープ柄の色を青から赤へ変更しました。パッケージ裏面表示の文字が青色なので、目立つように赤色模様の入ったテープを採用することにしました。

このページのトップへ

更に口どけなめらかな食感にしました。

[雪印 1才からのチーズ] 2010年10月

お客様の声

もっと口どけをなめらかにした方が、子供が食べやすくなると思うのですが・・・。

このように改善しました。

お子様が食べやすいように配合を変更して、更に口どけなめらかな食感に仕上げました。

このページのトップへ

このページのトップへ