マスカルポーネMascarpone :英・仏語表記

雪印メグミルクの【マスカルポーネ】へ

チーズの種類 フレッシュタイプ
原料乳 牛乳
原産国・地域 イタリア
その他の名称 マスケルポーネ
見た目の特徴 もったりとしたクリーム状。
味の特徴 コクと甘みがあり、ほのかにミルクの香り。
固形分中乳脂肪 最低60%

マスカルポーネとは

マスカルポーネは、フレッシュタイプのチーズです。
イタリアのデザートとして有名なティラミスの材料としても知られています。チーズケーキやムースなどの製菓用としても人気の高いチーズです。
同じフレッシュタイプに、クリームチーズやフロマージュ・ブランがありますが、クリームチーズと比べると酸味が少なく質感も軽く、フロマージュ・ブランと比べると酸味が少なく脂肪分が多いためコクがあります。

マスカルポーネの製法と産地について

生クリームに熱を加え、クエン酸または酢酸を加えて固め、布切れで濾過し水分を除き、型に詰めます。

産地は、イタリア ロンバルディア地方です。

マスカルポーネの食べ方

フレッシュタイプのチーズですので、購入したら早めに食べましょう。
苦味の強いコーヒーやチョコレート、ブランデーなどと抜群の相性です。また、パンに塗ったりジャムと混ぜるなど他のものと合わせても、マスカルポーネの味が生かせます。
様々なお菓子づくりやお料理にお勧めのチーズです。

チーズコラム

昼下がりのチーズ

マスカルポーネは、ティラミスの材料としてよく知られている。12世紀イタリアを訪れたスペインの総督がこのチーズを食べ「何と素晴らしい!」という風なことを言ったらしく、その言葉が名前の由来だという。今風に見えるが、どうして歴史のあるチーズなのだ。ジェラートのようになめらかで、上品な甘みとコクがある。他と比べると、これが同じチーズかと思ってしまう。ミルクを乳酸菌や酵素で固めた後、熟成をさせることでチーズは味の個性を深めてゆく。しかし、このチーズのようないわゆるフレッシュタイプのチーズは、熟成のプロセスを経ない言わば生まれたてのチーズだ。それだけにクセがなく、パンや果物にのせる、ジャムやハーブをまぜる、コーヒーやワインを飲みながら、と何にでも相性がいい。写真のメニューは、イチジクの白ワイン煮にマスカルポーネを添えたもの。夏の昼下がりにはかっこうの涼しいデザートだ。

Photo:K.Nakazato Text:S.Ishi

おすすめレシピ

調理例

かぼちゃのニョッキ・マスカルポーネソース

ニョッキやパスタの仕上げに加えて、ソース代わりに。

調理例

マスカルポーネのぜんざい風

和素材にもよく合います。

レシピをもっとみる

マスカルポーネにおすすめのワイン

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
プレーン
  • 辛口~甘口の軽めのワイン
  • オードブルには辛口、デザートには甘口
  • スパークリングワイン
スパイス入り
  • 辛口のロゼワイン
  • 軽めの赤ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ