レシピ履歴

栄養士直伝 プラス乳製品でカルシウムランチ

給食がなくなる長い休みの日は、カルシウムが不足し、栄養バランスがくずれがち!
給食のように「主食」「主菜」「副菜」「牛乳・乳製品」の4つの役割が揃った「バランスの良い食事」を目指し、たどり着いたのが、簡単に作れて1品で4つの役割を果たすレシピです。
「バランスの良い食事」に欠かせない牛乳・乳製品は成長期のお子さまにとって、特に大切なカルシウムを多く含む食品です。カルシウムアップに向けたお料理への活用方法をご紹介します。

…続きを読む

  • パリパリチーズのタコス丼

    • 15

    • 701kcal

    • 356mg

    【お子さま お手伝いポイント】
    野菜をのせたり、チーズせんべいをトッピングして仕上げる。

    【栄養士のポイント】
    牛乳の栄養は煮詰めても変わりません。挽き肉を牛乳で煮詰めてカルシウムUP!

  • ヨーグルトサラダうどん

    • 15

    • 654kcal

    • 498mg

    【お子さま お手伝いポイント】
    チーズの切抜きをする。
    たれをかけて、チーズをトッピングして仕上げる。

    【栄養士のポイント】
    ヨーグルト+市販のごまドレでカルシウムが多く摂れるたれの完成!
  • 「さけるチーズ」のビビンバ丼

    • 15

    • 680kcal

    • 435mg

    【お子さま お手伝いポイント】
    “さけるチーズ”をさき、ゆで卵と一緒にトッピングして仕上げる。

    【栄養士のポイント】
    お子さまに人気の“さけるチーズ”を添えれば野菜も、モリモリ食べられます!
    ごはん+粉チーズでカルシウムさらにUP!
  • 「6Pチーズ」inチャーハン

    • 15

    • 687kcal

    • 409mg

    【お子さま お手伝いポイント】
    とうもろこしの実を外したり、枝豆をさやから外したりし、旬の食材にふれましょう。
    とうもろこしは縦に包丁を入れ、1~2列実を外しておくと、あとはお子さんも手で簡単に取る事ができますよ。

    6Pチーズの旗を作ってチャーハンにさして仕上げる。

    【栄養士のポイント】
    味付けはシンプルにチーズのうまみ引き立つ一皿。
  • 夏野菜のチーズソースパスタ

    • 15

    • 747kcal

    • 439mg

    【栄養士のポイント】
    牛乳+青いパックのスライスチーズで簡単チーズソース!

最近見たレシピ

このページのトップへ