安心・安全を目指した生産管理・品質管理・原材料調達

はじめに

「雪印メグミルク ぴゅあ」と「雪印メグミルク たっち」は、「人生がスタートした赤ちゃんの成長に貢献したい」「お母さんの育児を応援したい」との想いから開発されました。これらは雪印メグミルクグループの工場で生産され、徹底した製造管理と第三者による品質システムの監査を実施し、品質管理活動の向上に努めています。

1. 徹底した品質管理で実現する安全・安心へのこだわり

大切な赤ちゃんのために、「雪印メグミルク ぴゅあ」「雪印メグミルク たっち」は、食品安全マネジメントシステムの国際規格である「FSSC22000」の認証を取得した製造工場で作られています。缶底には製造時間を記載して、製造履歴を明らかにするとともに、製品管理を徹底しています。原材料や製品の検査は、検査部門である「品質管理課」により行われ、原材料の受入れから製品出荷まで全ての工程に目を光らせています。品質検査については、メーカーとしての検査項目だけではなく、お客さまの使い方に合わせたテストも盛り込むなど、お客さまにとっての「使いやすさ」を意識した検査を行っております。

検査は原材料・中間製品・出荷前(最終製品)の3回

粉ミルクの製造は、FSSC22000による管理システムに基づき、HACCPによる衛生管理手法を取り入れた仕組みにより、工程が厳しく管理されています。それだけではなく、原材料・缶に充填する前の中間製品・そして出荷前の最終製品と、合計3回にわたって厳しい検査を実施しています。

 例:<最終製品検査>
(1) 大腸菌群など6種類の微生物チェック
(2) 官能検査
(3) 溶解性チェック・異物混入チェック
(4) 製品群毎の個別の検査(成分等)
(5) 放射性物質の測定

これら全ての検査に合格した製品だけが出荷されています。

※HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Point)とは:「国連食糧農業機関」と「世界保健機関」の合同機関である「食品規格委員会」が推奨する、国際的な衛生管理手法です。

2. こだわりの原材料調達について

開発部門・生産部門・品質管理部門一体となっての原材料チェック

「不良品を受け取らない、作らない、出荷しない」が私たちのモノづくりの原則です。製品だけではなく、もととなる原材料にも「そこまで?」と言われるほどこだわり抜きます。選定から使用前のチェックまで、開発部門・生産部門・品質管理部門一体となって、安全性を第一に取り組んでいます。

赤ちゃんにとっての安全性と意義が確認されているものだけ

私たちには、開発・生産・品質保証の3部門のうち、1部門でも「NO」と言ったら商品化しないというルールがあります。実は、商品の開発段階から原材料の安全性は検討されているのです。各部門のプロフェッショナル全員が品質について納得してはじめて、その原材料を取り扱えるようになる仕組みがつくられています。

厳格な独自規定に合格したものだけを受け入れる

お客様が安心してお使いいただける製品を作るために、原材料には厳しい規定を設けています。原材料の一つひとつすべてが、食品衛生法を満たすことはもちろんのこと、厳格な独自の規格を策定し、適合したものだけを「原材料」として認めています。「規格」は食品のみならず、缶・包材・段ボールに至るまで定められており、厳格なチェックのもと受け入れています。

原材料の「在庫」は作らない

原材料を保管する期間が短いほど、より良い製品作りにつながると考えています。生産量に合わせて原材料が適切に納入されるよう、購買先様との細かな調整に取り組んでいます。

3. 厳しい基準による徹底した生産管理

工場内を清潔に保つよう、作業員が入場する際の身だしなみや手洗いなどについて、細かなルールを徹底しております。また、工場内の設備や床のみならず、食堂の食器などにも微生物検査を行い、常に異常がないかチェックしています。

外気を直接入れない二重の扉

工場の入口は複数のドアで区切られ、直接外気が工場内に入らないように、中の扉があいている時は手前の扉が開かない仕組みになっています。

工場内専用の作業服・帽子・靴

作業員はまず専用の作業服に着替えます。髪の毛が落ちないよう、髪の毛全体をすっぽりネットで覆い、さらに帽子を被ります。作業服には、内側に体毛落下防止のための専用インナーがついています。
防塵服

入口で気持ちを切り替える

工場の入口には、気持ちを切り替えるスイッチとなる台が設けられています。足は掛けず、お尻だけで体を回して入ります。「ここからは工場内。衛生管理に十分気をつけよう」と気持ちを切り替えます。

手洗いとアルコール消毒

しっかりと30秒かけて手洗いを行います。仕上げにはアルコール消毒用の自動噴霧器で殺菌します。

鏡の前で全身チェック

全身を鏡でチェックしながら、作業服に粘着ローラーをかけて、毛髪や細かいほこりなどを除きます。

秒速25メートルのエアシャワー

仕上げに、秒速25メートルの強力なエアシャワーを10秒浴びて、粘着ローラーで取りきれなかった細かいほこりなどを吹き飛ばします。

高度清浄エリア専用の防塵服

工場内でも「検缶室」(殺菌等の終わった粉ミルクの缶の最終チェック)や「充填室」(缶に粉ミルクを充填する)など、最も高度な衛生が求められるエリアは、入口が更に区切られ、専用の「防塵服」を装着しないと入れません。防塵服はほこりが付着せず糸ゴミがでない素材で作られており、専用の頭巾とマスクも装着しています。

作業工程

1. ミックス液調合
粉ミルクの素となる様々な原材料を混ぜ合わせます

2. 殺菌・濃縮
ミックス液に熱を加えて殺菌し、一定の濃度まで水分を飛ばします。

3. ろ過
特殊なフィルターを通すことにより、不純物を取り除きます。

4. 噴霧乾燥
特殊な機械の中でミックス液を気体中に噴霧し、急速に冷却・乾燥する事で粉状にします。

5. 充填
粉ミルクを缶に詰めていきます。

6. 窒素ガス置換
粉ミルクを缶に詰める際に、容器内の空気を吸引排気し、代わりに窒素ガスを缶に満たし、粉ミルクが酸化して劣化する事を防ぎます。

7. 密閉・印字
製品を完全に密封し、缶底に生産日時などの情報を印字します。

8. 完成!

さっととける! 甘すぎない自然なおいしさ

NATURAL TASTE
お客様の声をお聞かせください
商品に関してのご質問・ご意見、お問い合わせに関しては、お客様センターで承ります。お気軽にご相談ください。
雪印メグミルク株式会社 お客様センター
(受付時間:9:00-17:00 年中無休)
1) 本サイトは日本国内向けのサイトです。 2) 赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳です。出来る限り母乳で育てましょう。