知る・楽しむ広場

ミルクアカデミー マーガリン研究室

マーガリンとは

マーガリンイメージ

トーストに塗ったり、お菓子作りや料理に使ったり。いろいろな場面で活躍するマーガリン。その使われ方はバターにもよく似ていますが、そもそもマーガリンはどんな原料から作られているのでしょうか。

バターとどこが違うの?

見た目もそっくりなマーガリンとバター。この似た者同士、実は大きな違いがあります。
バターは牛のミルクの脂肪分をかくはん操作により塊状に集合させたもの。つまり乳脂肪から作られます。一方、マーガリンは簡単にいうと、食用油脂等の原料を混合し、練り合わせた加工食品です。原料となる食用油脂はコーン油、大豆油、紅花油などの植物油脂が主体となっています。植物油脂は種類もいろいろ。それぞれの特性により使い分けたり、いくつかの種類を混ぜ合わせたりして作られています。
マーガリンイメージ

マーガリンとファットスプレッド

さて、マーガリンとよばれる商品ですが、パッケージをよくみると「ファットスプレッド」と記されているものがあることに気づきます。
実はマーガリン類は日本農林規格によって規定されており、油脂含有率の違いにより「マーガリン」と「ファットスプレッド」に分けられています。家庭用のマーガリンとして店頭にならんでいるものは、「ファットスプレッド」が主流となっています。「マーガリン」にくらべ「ファットスプレッド」のほうが油脂含有率が低く、より軽い味わいが特長です。さらに、「ファットスプレッド」にはイチゴやチョコレートなどの風味原料を加えることもできます。

  油脂含有率
マーガリン 80%以上
ファットスプレッド 80%未満

※日本農林規格より

マーガリンの魅力はニーズにあわせたその多彩さ。使用する油脂によって、その風味や成分も変わり、体に機能する脂肪酸の組合せも変えられます。また、カロリーをおさえたタイプ、お菓子作りや料理用に適したタイプ、さらにはチョコレートやガーリックを加えたものなど、用途によっていろいろなタイプが楽しめます。また、ソフトタイプのマーガリンは冷蔵庫から取り出して、すぐにでもパンに塗りやすいのも、持ち味といえるでしょう。

このページのトップへ