知る・楽しむ広場

ミルクアカデミー マーガリン研究室

マーガリンの成分

マーガリンの主原料はコーン油、大豆油などの植物油脂。植物油脂は植物の果実や種を圧縮・精製して作られます。マーガリンにはこうした植物油脂由来の必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸が含まれています。必須脂肪酸とは、体にとって大切だけれども体内合成ができず、必ず食物から摂取する必要がある脂肪酸のことです。

マーガリンに利用されている主な油脂

植物油脂材料
コーン油 とうもろこしの胚芽から採取。アメリカで多く生産。
なたね油 菜の花の種から採取する油。
紅花油 紅花の種子から採取。オレイン酸、リノール酸が豊富。
大豆油 最も生産量が多い油。ビタミンKが豊富。
パーム油 アブラヤシの果肉から採取する油。
綿実油 綿の種から採取。ビタミンEが豊富。

マーガリンができるまで

マーガリンは食用油脂に水、食塩その他乳成分、ビタミンなどを加えて混合乳化し、冷やし固めて作ります。油と水はそのままでは分離してしまいますが、油の粒子を細かくして撹拌(かくはん)し、水と混ぜ合わせます。これを乳化といいます。

このページのトップへ