エポワス - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

エポワス

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

エポワス

その他の表記・呼ばれ方
  •  エポワス

英語・仏語表記:Époisses

種類:ウォッシュタイプ

乳種:牛乳


エポワスとは

エポワスは、ウォッシュタイプのチーズの代表格のチーズです。フランス・ブルゴーニュ地方のエポワス村からその名前が付きました。
美しいオレンジ色をして、少しシワが寄った表皮の内側には、クリーム色のトロリとしたやわらかな中身が詰まっています。
今や有名なエポワスですが、第2次世界大戦後には生産が途絶えかけました。その後1956年に村の有志の尽力によって復活を遂げたという歴史を持っています。


エポワスの製法

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードを型詰めし、自然に水分が抜けるのを待ってから加塩し、熟成させます。
ウォッシュタイプのチーズは、熟成中に塩水等で表面を洗いますが、このチーズは、ワインの産地としても有名なブルゴーニュ地方だけあって、塩水とマール酒で洗います。マール酒は、白ワインの絞りかすから作ったブランデーです。それによって、ウォッシュタイプのチーズの中でも屈指と言われる強烈な匂いのチーズが熟成されていきます。
エポワスの表皮がオレンジ色をしているのは色素のためなどではなく、マールによって何度も洗われて熟成しているためです。製造してから最低4週間は熟成されています。


エポワスの産地

フランス ブルゴーニュ・シャンパーニュ地方

チーズの産地 シャンパーニュ地方


エポワスの食べ方

表皮から発せられる匂いの強烈さと裏腹に、中身はトロリとクリーミーで、濃厚ながらまろやかな味です。その落差が実にチーズ通好みのチーズです。クロタンナイフで切れ目を入れて、表皮をきれいに外します。

<簡単レシピ>
・ホワイトソースとともに包んでコロッケに

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズの切り方のコツ
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
高脂肪 ・軽め~中程度のフルーティーな赤ワイン
マイルド
伝統品 ・コクのある赤ワイン