クロタン・ド・シャヴィニョルCrottin de Chavignol:英・仏語表記

チェスコ(株)の【シェーブルタイプのチーズ】へ

チーズの種類 シェーブルタイプ
原料乳 山羊乳(無殺菌乳)
原産国・地域 フランス
その他の名称 クロタン
見た目の特徴 アイボリーの表皮で、直径4~5cmほどのコロンとした丸い形
味の特徴 さわやかな酸味で、熟成すると濃厚なミルクのほっくりした甘み。
熟成期間 最低10日間
固形分中乳脂肪 最低45%

クロタン・ド・シャヴィニョルとは

クロタンの名前の由来はいくつかの説があり、直径4~5センチくらいのコロンとした丸い形をしているところから、馬や羊の糞という意味の“クロタン”という名前がついたという説と、チーズの型が素焼きのランプ(Crot)に似ていることからついたという説があります。専用のクロタンナイフがあります。
1976年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)を取得しました。

クロタン・ド・シャヴィニョルの製法と産地について

「シェーブルタイプ」の一般的な製法でミルクからカードが作られます。

カードを型に入れ24時間静置し水分を除きます。型を外しチーズの表面に加塩し反転しながら熟成させます。若くフレッシュなやわらかな状態から熟成がすすみ硬くなる状態まで楽しめます。

産地は、フランス中部のロワール地方のシャヴィニョル村と、その周辺の指定地域で作られています。

クロタン・ド・シャヴィニョルの食べ方

カットして、はちみつ、ジャム、オリーブオイルと合わせても。
フランスパンに、カットした「クロタン・ド・シャヴィニョル」をのせて焼き、アツアツの状態のものをサラダにのせた「クロタンサラダ」がパリで流行し、このチーズが広く知られることになりました。
トーストにのせて焼く食べ方もおすすめします。

チーズコラム

のどかな田舎のチーズ

クロタンは山羊の乳で作ったいわゆるシェーブルタイプのチーズ。大きさはちょうど小振りの大福餅ほど。山羊チーズ独特の納屋臭と、ほっくりと栗のような食感があって、田舎のひだまりとでもいうようなおもむきがある。仏語の辞書をひくとクロタンとは馬や羊の落とし物(つまり、フン)とあった。どうやらその形ゆえの名誉ある名前らしい。写真のメニューはクロタンのサラダとして知られる一品。チーズを半分に切ってパンに乗せ、トースターでパンがこんがりするまで焼いて野菜と盛り合わせる。ドレッシングをかけ、温かいチーズをくずしながら野菜と一緒に。臭みが消えて食べやすい。クロタンはパリから150kmほど南下したロワール河流域地方の産。中でもシャヴィニョール村のものが名高い。辛口の白ワインを片手に味わえば、のどかなフランスの田園風景が目に浮かぶようだ。

Photo:K.Nakazato Text:S.Ishi

おすすめレシピ

調理例

サラダに添えて

たっぷりの野菜に「シェーブルチーズ」を添えて。チーズのコクと爽やかな酸味が調味料となり、野菜をおいしく引き立てます。

調理例

はちみつと合わせて

独特な酸味をもつ「シェーブルチーズ」は、はちみつの甘さでより食べやすくなります。

レシピをもっとみる

クロタン・ド・シャヴィニョルにおすすめのワイン

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
フレッシュ
  • 辛口の白ワイン
白カビ
  • 軽めの赤ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ