銀ダラポテトクリーム、アボカドグラタン

今月のミルクレシピ

2021年12月・2022年1

この銀ダラポテトクリームは、レンジ加熱で下ごしらえした銀ダラとじゃがいもにクリームチーズを合わせたコクのあるおいしいディップです。浅めの器に敷き詰めて、上に優しい酸味のトマトや香りのよいハーブを飾るとクリスマスらしい盛りつけに。アボカドグラタンはアボカドの果肉とピザ用チーズ、牛乳を混ぜて焼くだけのあつあつ前菜。どちらもカリカリに焼いたパンにのせれば、ワインが進みます。

材料(作りやすい分量)

  • ・銀ダラ 2切れ(200g)
  • ・白ワイン 大さじ1/2
  • ・塩・こしょう 各少々
  • ・じゃがいも 小1個(120g)
  • ・「クリームチーズ」 50g
  • ・ミニトマト 適量
  • ・フレッシュハーブ(ディル、ミント、穂じそなど) 適量
  • 「クリームチーズ」

作り方

  • 1. 銀ダラは水気をよく拭いて耐熱容器に入れ、塩、こしょう、白ワインをふり、ふわっとラップをして電子レンジ(600W)で約3分加熱する。そのまま少しおいて粗熱を取り、皮と骨を除いて身を細かくほぐし、残った蒸し汁をからめる(写真a)。
  • 2. じゃがいもは洗って皮をむき、2㎝角に切って水にさらす。ざるに上げて水気をよくきり、ペーパータオルを敷いた耐熱容器に並べる。ふわっとラップをし、電子レンジ(600W)で2~3分加熱する。じゃがいもが十分にやわらかくなったら取り出してボウルに入れ、熱いうちになめらかにマッシュする。
  • 3. (2)に(1)の銀ダラを汁ごと入れて混ぜる(写真b・c)。
  • 4. 室温でやわらかくしたクリームチーズを(3)に加えて混ぜ(写真d)、塩、こしょうで味を調える。
  • 5. (4)を2つに分けて平らな器に押さえるように盛り(写真e)、ひとつにはくし切りにしたミニトマト、もうひとつにはディル、ミントの葉、穂じその実を軽く混ぜてのせる。

アボカドグラタン

材料(作りやすい分量)

  • ・アボカド 1個
  • ・「雪印メグミルク牛乳」 大さじ2
  • ・「雪印北海道100 とろけるモッツァレラ」 70g
  • ・塩・こしょう 各少々
  • 「雪印メグミルク牛乳」

  • 「雪印北海道100 とろけるモッツァレラ」

作り方

  • 1. アボカドは半分に切って種を除き、スプーンですくって果肉を取り出し、ボウルに入れる。皮は器に使用する。果肉を粗くつぶし、牛乳、ピザ用チーズを加えてさっくりと混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
  • 2. (1)をアボカドの皮に盛り(写真)、上にピザ用チーズ適量(分量外)をふる。小さな鉄鍋にのせてオーブントースターで8~10分、こんがりと焼き色がつくまで焼く。

レシピをシェアする

Instagram