モッツァレラ(モッツアレラ) - チーズ豆辞典【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズ豆辞典では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

モッツァレラ(モッツアレラ)

モッツァレラ(モッツアレラ)

その他の表記・呼ばれ方
  •  モッツァレッラ
  •  モッツァレラ
  •  モッツアレラ
  •  モザレラ
  •  モッツァレラ・ディ
  •  モッツァレラチーズ

種類:フレッシュタイプ    → フレッシュタイプのチーズについて

モッツァレラ(モッツアレラ)は白く丸いかたまりの形をしたチーズです。見た目は表面がツルツルと滑らかで、よく「つきたてのお餅のよう」と表現されます。押すと少し弾力があります。原産はイタリア南西部のカンパニア州で、クセのないさっぱりとした味が好まれています。熱を加えるとトロリとしてモッツァレラ独特の糸引きが楽しめるので、ピザなどにもよく使われます。

モッツァレラ(モッツアレラ)の製法

モッツァレラチーズは、カードと呼ばれる固まった乳に熱湯を注いで練り上げ、引きちぎって成型します。モッツァレッラという名前は、「ちぎる」という意味のイタリア語モッツァーレからきており、この製法が名前の由来となっています。
原料は牛乳や水牛の乳で、牛乳で作ったモッツァレラチーズのほうがより軽いミルクの味わいが楽しめます。

モッツァレラ(モッツアレラ)の風味

そのまま食べると軽い歯ごたえと弾力を感じます。モッツァレラチーズは熟成させていないフレッシュタイプのチ−ズなので、軽くクセのない味わいがするのが特徴です。新鮮なものほどおいしいので、購入したら早めに食べるようにしましょう。

モッツァレラ(モッツアレラ)の食べ方

スライスしてそのまま食べます。ピザやグラタンにもよく使われます。また、スライスしたトマトやバジルと一緒に食べるサラダは、カプレーゼと呼ばれイタリア料理のサラダとして人気があります。

モッツァレラ(モッツアレラ) - チーズ豆辞典【チーズ辞典】