サント・モール・ド・トゥレーヌSainte-Maure de Touraine:英・仏語表記

チェスコ(株)の【シェーブルタイプのチーズ】へ

チーズの種類 シェーブルタイプ
原料乳 山羊乳(無殺菌乳)
原産国・地域 フランス
見た目の特徴 円筒状で中心に藁が1本通る。表皮は木炭の粉で覆われている。
味の特徴 熟成前は新鮮な酸味、熟成後はナッツのようなコク。
熟成期間 最低10日間
固形分中乳脂肪 最低45%

サント・モール・ド・トゥレーヌとは

「サント・モール・ド・トゥレーヌ」は、山羊乳特有の個性をもつチーズです。
表皮に木炭をまぶした細長い円筒形をしていて、中心に型崩れを防ぐための藁が通されています。この藁には、生産者情報が刻印されています。若い状態ではやわらかなチーズですが、熟成が進むにつれて水分が抜けて硬くなり、表面は細かいしわがより、グレーに変化し風味が増していきます。
1990年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)を取得しました。

サント・モール・ド・トゥレーヌの製法と産地について

「シェーブルタイプ」の一般的な製法でミルクからカードが作られます。

先が若干狭くなったバトン形の型にわらを通し、カードを詰めて形成、そのまま更に水切り後、取り出して酸味の中和と水分量を調節するために木炭の粉を混ぜたものをまぶして熟成させます。
産地は、フランス中部のロワール川流域のサント・モール・ド・トゥレーヌ村と、その周辺の指定地域で作られています。

サント・モール・ド・トゥレーヌの食べ方

熟成が若いうちは軽い酸味とミルクの香りが楽しめます。一方、充分熟成が進んでからは酸味と塩味とコクのバランスが楽しめるので、好みの食べ頃を探すのも楽しいでしょう。

おすすめレシピ

調理例

パンにのせて焼いて

加熱することで「シェーブルチーズ」特有の強い風味がまろやかになります。

調理例

はちみつと合わせて

独特な酸味をもつ「シェーブルチーズ」は、はちみつの甘さでより食べやすくなります。

レシピをもっとみる

サント・モール・ド・トゥレーヌにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 辛口の白ワイン
  • ロゼワイン
  • フルーティな赤ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ