プリニー・サン・ピエール - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

プリニー・サン・ピエール

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

プリニー・サン・ピエール

その他の表記・呼ばれ方
  •  プーリニイ・サン・ピエール
  •  プリニィ・サン・ピエール
  •  プーリニー・サン・ピエール

英語・仏語表記:Pouligny-Saint-Pierre

種類:シェーブルタイプ

乳種:山羊乳


プリニー・サン・ピエールとは

「エッフェル塔」という愛称がある、スマートなピラミッド型をしています。
表皮は薄く、青みがかった白でしっとりしています。やや酸味が強いですが、クリーミーで山羊乳特有の匂いも軽く、食べやすいです。
熟成が進むと表皮は乾いてゴツゴツし、塩分が強く感じられ、味は濃厚になり、通向きのチーズと言えます。
1972年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)を取得しました。

※AOPは、2009年よりAOC(原産地統制名称制度)から移行しています。


プリニー・サン・ピエールの製法

温めたミルクに乳酸菌、レンネット(凝乳酵素)を加えることにより、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固します。その凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものを、カードといいます。
底のあるスマートなピラミッド形の器にそのカードを詰めて形成、そのまま更に水切り後、取り出して逆さにし、熟成させます。


プリニー・サン・ピエールの産地

フランス ロワール地方

チーズの産地 ロワール地方


プリニー・サン・ピエールの食べ方

初心者の方には熟成が進んでいないほうが、山羊のミルク独特の臭みが少ないのでおすすめです。
レーズンの入ったパンやリンゴとの相性もぴったりです。
熟成が進んで硬くなってしまったら、皮をのぞいてすりおろしてシチューなどの料理に使うとおいしく食べられます。
ハンドリナー(ワイヤーカッター)を使うと、組織が崩れにくく、くっつきにくいため美しくカットすることが出来ます。

<簡単レシピ>
・トーストにのせて
・オードブルに

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズの切り方のコツ
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
フレッシュ ・辛口の白ワイン
・ロゼワイン
白カビ ・フルーティーな赤ワイン