モッツァレラMozzarella:英・仏・伊語表記

雪印メグミルクの【モッツァレラ】製品へ

チーズの種類 フレッシュタイプ
原料乳 水牛乳、牛乳
その他の名称 モッツァレッラ、モザレラ
見た目の特徴 真っ白で丸い形状。断面には、繊維状の組織が見える。
味の特徴 ミルクの甘みと酸味がある。加熱すると繊維状によく伸びる。
固形分中乳脂肪 約50%

モッツァレラとは

モッツァレラは白く丸い形状のチーズです。見た目は表面がツルツルと滑らかで、よく「つきたてのお餅のよう」と表現されます。押すと少し弾力があります。熱を加えるとトロリとして、モッツァレラ独特の糸引きが楽しめるので、ピザやグラタン等の加熱料理にもおすすめです。

モッツァレラの製法と産地について

モッツァレラチーズは、カードと呼ばれる固まった乳に熱湯を注いで練り上げ、引きちぎって成型するパスタフィラータ製法が特徴です。モッツァレラという名前は、「ちぎる」という意味のイタリア語モッツァーレからきており、この製法が名前の由来となっています。
モッツァレラの原産はイタリア南西部のカンパーニァ州で、水牛乳から作られました。本来は濃厚な水牛乳だけで作られていましたが、現在は牛乳で作るものが多く、世界中で作られています。

ナポリ名物のピッツァ・マルゲリータには欠かせないチーズです。

モッツァレラの食べ方

モッツァレラは、そのまま食べると軽い歯ごたえと弾力があります。クセのないフレッシュなミルクの甘みが特徴です。お刺身のように、わさび醤油やゆず胡椒、ゴマドレッシングでモッツァレラを食べても美味しいです。
鮮度がおいしさを左右するので、なるべく早めに食べましょう。また、モッツァレラは、熱を加えると非常によく伸びるので、ピザやグラタン等の加熱料理にもおすすめです。

おすすめレシピ

カプレーゼ

スライスしたモッツァレラとトマトにバジルをのせたサラダは、「カプレーゼ」と呼ばれ、イタリア料理の人気のサラダです。

ピッツァ・マルゲリータ

ピザ生地に、トマトソース、モッツァレラ、バジルだけの「ピッツァ・マルゲリータ」もイタリア料理の人気のピザです。

豆乳鍋+チーズ

いつもの鍋料理にチーズをプラスして。
チーズがとろけて目でも美味しい鍋になります。

レシピをもっとみる

モッツァレラにおすすめのワイン

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
プレーン
  • 辛口~甘口の軽めの白ワイン
  • 辛口~甘口のロゼワイン
    (オードブルには辛口、デザートには甘口)
  • スパークリングワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ