モッツァレラ(モッツアレラ) - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

モッツァレラ(モッツアレラ)

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

その他の表記・呼ばれ方
  •  モッツァレッラ
  •  モッツァレラ
  •  モッツアレラ
  •  モザレラ
  •  モッツァレラ・ディ
  •  モッツァレラチーズ

種類:フレッシュタイプ

英語・仏語・伊語表記:Mozzarella

乳種:水牛乳、牛乳


モッツァレラとは

モッツァレラは白く丸いかたまりの形をしたチーズです。見た目は表面がツルツルと滑らかで、よく「つきたてのお餅のよう」と表現されます。押すと少し弾力があります。熱を加えるとトロリとして、モッツァレラ独特の糸引きが楽しめるので、ピザなどにもよく使われます。


製法

モッツァレラチーズは、カードと呼ばれる固まった乳に熱湯を注いで練り上げ、引きちぎって成型します。モッツァレッラという名前は、「ちぎる」という意味のイタリア語モッツァーレからきており、この製法が名前の由来となっています。
原料は牛乳や水牛の乳で、牛乳で作ったモッツァレラチーズのほうがより軽いミルクの味わいが楽しめます。


産地

原産はイタリア南西部のカンパニア州で、アルプスを源流とするポー川流域の水牛乳から作られました。
本来は濃厚な水牛乳だけで作られていましたが、現在は牛乳で作るものが多く、世界中で作られています。
ナポリ名物のピッツァ・マルゲリータには欠かせないチーズです。

>チーズの歴史 ヨーロッパ編
>チーズで世界旅行 イタリア


食べ方

モッツァレラは、そのまま食べると軽い歯ごたえと弾力を感じ、熟成させていないフレッシュタイプなので、軽くてクセのないフレッシュなやさしいミルクの甘みの味わいが特徴です。新鮮なものほどおいしいので、購入したら早めに食べましょう。
また、モッツァレラは熱を加えると非常によく伸びるので、ピザやグラタンにも手軽に使えます。

<簡単レシピ>
・スライスしたモッツァレラとトマトにバジルをのせたサラダは、「カプレーゼ」と呼ばれ、イタリア料理の人気のサラダです。
・ピザ生地に、トマトソース、モッツァレラ、バジルだけの「ピッツァ・マルゲリータ」もイタリア料理の人気のピザです。
・左写真のピーマンにモッツァレラとアンチョビとバジルをのせて焼き、粗挽きの黒胡椒とオリーブオイルで食べる温サラダは、目にも舌にもおいしい一品です。
・お刺身のように、わさび醤油やゆず胡椒、ゴマドレッシングでモッツァレラを食べても美味しい。

【お料理レシピ】
モッツアレラチーズのレシピ
>チーズタイプ別保存方法
>夏のチーズの楽しみ方

>チーズのタイプ別おすすめワイン
>ビールのおつまみになるチーズ
>冷酒でじっくり

おすすめワイン

プレーン ・辛口〜甘口の軽めの白ワイン
・辛口〜甘口のロゼワイン
(オードブルには辛口、デザートには甘口)
・スパークリングワイン

チーズコラム

モッツァレラ(モッツアレラ)

もち肌チーズの誘惑

近頃の若い女性は美白という言葉に敏感なようだが、南イタリアの名高いチーズ、モッツァレラ(モッツアレラ)は自然から生まれた美味なる白。輝くようにみずみずしいもち肌だ。口に含むと乳清がじゅわっと滲み出し、ほのかなミルクの甘みがいっぱいに広がる。モッツァレラとはちぎるという意味で、ちょうどつきたての餅を引きちぎるように、固まったばかりのチーズの塊(カード)に熱湯を注ぎ、こねてはちぎって作るのである。本来は濃厚な水牛の乳から作られるのだが、今は牛乳製のものも多い。モッツァレラのクセのない味は、他の素材と合わすことでより生きてくる。薄切りをわさび醤油で食べてみると、これが、なかなかいける。写真のメニューはピーマンにバジルの葉と一緒に詰め、アンチョビを乗せて焼いたもの。粗挽きの黒胡椒をきかせ、オリーブオイルで食べる。目にも舌にも、おいしい一品だ。

Photo:K.Nakazato Text:S.Ishi

モッツァレラ(モッツアレラ) - チーズの名称【チーズ辞典】