モン・ドールMont d’Or:仏語表記

他の【ウォッシュタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 ウォッシュタイプ
原料乳 牛乳(無殺菌乳)
原産国 フランス
見た目の特徴 円形の木箱に入れられ、表皮は黄から明るい茶色。
味の特徴 やわらかく、濃厚なミルク感。ナッティなコクとフルーティーな味わい。
熟成期間 最低21日間
固形分中乳脂肪 最低45%

モン・ドールとは

モン・ドールは、フランスとスイスの国境付近にあるドゥー県の最高峰「モン・ドール(金の山)」という山の名からきています。
生産時期が8月15日~3月15日、販売期間は9月10日~5月10日までと限定されています。
このチーズの外皮は厚めでクリーム色~オレンジ色をしており、表皮を除いて、中身の黄色がかったトロリとした部分を味わうチーズです。
やわらかいため、出荷するときはエピセアの木箱に入れます。
濃厚なミルクの味にほのかな木の香りが入り混じった幻想的な味わいです。

1981年にA.O.P(EU統一の原産地名称保護)を取得しました。

  • A.O.Pは、2009年よりA.O.C(原産地名称統制制度)から移行しています。
モン・ドールの製法と産地について

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードを型詰めし、ホエイを抜いて加塩します。
その後、エピセアの樹皮で巻き、定期的に塩水で洗い熟成させて木箱に詰めます。

フランス ドゥー県の標高700m以上のところにある地域の指定村落

モン・ドールの食べ方

木箱に入れたまま表皮の上の部分を取り除き、中のクリーム状のチーズをスプーンですくって味わいます。
バゲットと合わせて。

おすすめレシピ

調理例

あたたかい「モン・ドール」

エピセアの木の香りが味わいに深みを増す、余韻の長い焼きモン・ドール。
表皮がこんがり香ばしく焼ければ、いっそう食欲をそそります。
レーズン、ナッツ入りパンと合わせて。

モン・ドールにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • フルーティーな赤ワイン、コクのある赤ワイン
  • フルーティーな白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ