セル・シュール・シェール - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

セル・シュール・シェール

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

セル・シュール・シェール

その他の表記・呼ばれ方
  •  セルシュール・シェール
  •  セル・シュール・シェル
  •  セル=シュール=シェール
  •  シェル・シュール・シェール

仏語表記:Selles-sur-Cher

種類:シェーブルタイプ

乳種:山羊乳


セル・シュール・シェールとは

ポプラの木炭の粉をまぶした饅頭型の山羊のチーズです。
熟成するに従って表面には細かいしわがより、灰色に変化します。
外見と対照的に中身は輝くように白く、きめが細かく繊細な味わいで、数あるシェーブルタイプのチーズの中でも最高傑作の一つと言われています。
昔ながらの製法で作られているこのチーズは、1975年にシェーブルタイプのチーズでAOP(EU統一の原産地呼称保護)に認定されました。

※AOPは、2009年よりAOC(原産地統制名称制度)から移行しています。


セル・シュール・シェールの製法

温めたミルクに乳酸菌、レンネット(凝乳酵素)を加えることにより、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固します。その凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものを、カードといいます。
そのカードを詰めて形成、そのまま更に水切り後、取り出して酸味の中和と水分量を調節するために木炭の粉を混ぜたものをまぶして熟成させます。


セル・シュール・シェールの産地

フランス中南部のオーヴェルニュ地方原産のチーズです。緩やかな山地であるオーヴェルニュ地方では良質のミルクが取れるため、さまざまな種類のチーズ作りが盛んです。

チーズの産地 フランス ロワール地方


セル・シュール・シェールの食べ方

外皮の灰の部分もそのままお召し上がりいただけます。
表面を触ってカサカサしていれば食べごろの合図です。
サンドイッチ、ピザなどに使うのもおすすめです。
パンにのせたり、料理で溶かし込んでもおいしく召し上がれます。

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン
ビールのおつまみになるチーズ

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
マイルド ・辛口の白ワイン
やや熟成 ・軽めの赤ワイン