セル・シュール・シェールSelles-sur-Cher:仏語表記

チェスコ(株)の【シェーブルタイプのチーズ】へ

チーズの種類 シェーブルタイプ
原料乳 山羊乳(無殺菌乳)
原産国・地域 フランス
見た目の特徴 木炭粉がまぶされた円錐台の形
味の特徴 コクと酸味のバランスがとれた味わい。
熟成期間 最低10日間
固形分中乳脂肪 最低45%

セル・シュール・シェールとは

ポプラの木炭の粉をまぶした円錐台の形をした山羊乳のチーズです。
熟成するに従って表面には細かいしわがより、グレーに変化します。
外見と対照的に中身は輝くように白く、きめが細かく繊細な味わいで、数あるシェーブルタイプのチーズの中でも最高傑作の一つと言われています。
1975年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)に認定されました。

セル・シュール・シェールの製法と産地について

「シェーブルタイプ」の一般的な製法でミルクからカードが作られます。

カードを詰めて形成し、そのまま更に水切り後、取り出して酸味の中和と水分量を調節するための木炭粉と塩をまぶして熟成させます。

産地は、フランス中部のロワール地方です。

セル・シュール・シェールの食べ方

外皮の灰の部分もそのままお召し上がりいただけます。
熟成の若いころは、爽やかな酸味とミルクの香りが味わえます。お好みではちみつをそえても。熟成が進み表面が乾くころになると、豊かなコクと塩味のバランスがほどよい味いを楽しめます。
パンにのせたり、料理で溶かし込んでもおいしく召し上がれます。

おすすめレシピ

調理例

はちみつと合わせて

独特な酸味をもつ「シェーブルチーズ」は、はちみつの甘さでより食べやすくなります。

調理例

パンにのせて焼いて

加熱することで「シェーブルチーズ」特有の強い風味がまろやかになります。

レシピをもっとみる

セル・シュール・シェールにおすすめのワイン

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
マイルド
  • 辛口の白ワイン
やや熟成
  • 軽めの赤ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ