ババリアブルー Bavaria blu:英・仏語表記

チェスコ(株)の【青カビタイプのチーズ】へ

チーズの種類 青カビタイプ
原産国・地域 ドイツ
原料乳 牛乳
その他の名称 バヴァリアブルー
見た目の特徴 表皮は白カビ、中は青カビが生える。
味の特徴 青カビの辛みは控えめで、コクがありクリーミィでバターのようななめらかな舌触り。
固形分中乳脂肪 最低70%

ババリアブルーとは

産地であるババリア地方(バイエルン)という地名から名づけられた青カビタイプのチーズです。
表皮は白カビ、中はなめらかなクリーム色のきめ細かいチーズに青カビが入っています。
青カビタイプのチーズは独特のクセがある風味が特徴ですが、このチーズは青カビと白カビを合わせたタイプのため、青カビの刺激が穏やかに感じられます。ブルーチーズの入門編としてもおすすめです。

ババリアブルーの製法と産地について

温めたミルクに乳酸菌、レンネット(凝乳酵素)を加えることにより、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固します。
その凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去すると、カードができます。
そのカードをカットし青カビを加え、型に入れ、静置し水分を出します。その後、型から出し加塩、表面に白カビを吹き付けて熟成させます。

ドイツ・バイエルン地方です。

ババリアブルーの食べ方

はちみつ、ナッツ、レーズンと合わせて。パンや果物を添え、軽食やワインのお供に。また、サラダに散らしたり、ソースやドレッシング、キッシュやグラタンに入れて、楽しむのもおすすめです。ブルーチーズ独特のクセを楽しむチーズケーキにしても。

ババリアブルーにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 軽め~中程度の赤ワイン
  • 甘口の白、甘口のワイン
  • スパークリングワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ