ヴァランセ - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

ヴァランセ

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

ヴァランセ

ヴァランセ

その他の表記・呼ばれ方
  •  ヴァランセ
  •  バランセ

種類:シェーブルタイプ    → シェーブルタイプのチーズについて

ヴァランセは、フランスのほぼ中央にあるロワール川流域のヴァランセ村で作られているチーズです。
独特な四角すいというユニークな形をしています。この形には逸話が残されていて、元々のヴァランセはピラミッドの形をしていたものが、エジプト遠征に失敗したナポレオンの怒りを買って切り落とされたのだとも言われています。
表皮には灰をまぶしてあるため黒く、切ったときの白い断面との対比が美しいチーズです。この灰がまぶしてあるのは山羊のミルクのチーズ独特の酸味をやわらげたり、濃厚な味わいを加えるカビを定着させるためです。
熟成が進むと表皮が黒からグレーに変化していきます。熟成しきったものは硬く、ポロポロと崩れるようになります。
春の終わり頃から作られ始め、秋になった頃が特においしいチーズです。

ヴァランセの製法

無殺菌の山羊乳から作られる製品(AOC)のみがヴァランセと称され、それ以外の工場製品は「ピラミッド」という商品名になります。

ヴァランセの風味

他のシェーブルタイプのチーズと同様に、熟成が進む前は軽くさわやかな酸味があり、熟成が進むに従って強い風味が出てきます。好みの熟成具合を探すのも楽しみの一つです。

ヴァランセの食べ方

全面がカビに覆われたときが一番の食べ頃です。コクのある濃厚な味わいが楽しめます。
初心者の方には熟成が進んでいない若いヴァランセのほうが、山羊のミルク独特の臭みが少ないので良いでしょう。
熟成が進んで硬くなってしまったら、皮をのぞいてすりおろしてシチューなどの料理に使うとおいしく食べられます。

チーズコラム

ヴァランセ

ピラミッドなんて見たくない

チーズの楽しみは味や香りだけでなく、その容姿にもあると思う。太鼓のような大物から、大福みたいにこじんまりしたもの。ヒョロッとしたういろう型やひょうたんスタイルなど興味は尽きない。このヴァランセはご覧の通りちょっと半端な四角すい。山羊乳チーズ特有の酸味を和らげるために木灰がまぶしてあるが、中は輝くように白く、ややねっとりとした柔らかな口あたりだ。このチーズはフランスのほぼ真ん中、ベリー地方のヴァランセ村で作られる。この村のヴァランセ城の主はナポレオン皇帝の腹心タレーラン公。エジプト遠征に敗れ憤懣(ふんまん)やるかたない皇帝との会食時に、もともとピラミッド型だったこのチーズがだされ、皇帝の怒りは頂点に。それ以来ヴァランセの頭は切られ、今のような寸詰まりになったという。こんな逸話も肴に、キリッと冷やした白ワインと味わうのがまたいいのである。

Photo:K.Nakazato Text:S.Ishi

ヴァランセ - チーズの名称【チーズ辞典】