ポン・レヴェックPont-l’Eveque:仏語表記

他の【ウォッシュタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 ウォッシュタイプ
原料乳 牛乳
原産国・地域 フランス
見た目の特徴 表皮は薄い麦ワラ色で、熟成してくると赤褐色に変わる。表面に熟成時のすのこ模様がついている。
味の特徴 マイルドな味わい。しっかりとしたコクがあり、かすかにミルクや木の実のような風味がある。
熟成期間 最低18日間
固形分中乳脂肪 最低45%

ポン・レヴェックとは

このチーズの原型は13世紀に「アンジェロ(Angelot)」と呼ばれていたものではないかといわれています。17世紀には、フランスで最も名高いチーズの1つでした。
熟成してくると、表皮は赤褐色に変わって、表面にすのこ模様ができます。
ウォッシュタイプにしては、マイルドな口当たりでクセがなく、ミルクのコクを楽しめるため初心者でも食べやすいチーズです。

ポン・レヴェック、ドゥミ・ポン・レヴェック、プティ・ポン・レヴェックは熟成期間が最低18日間で、グラン・ポン・レヴェックは熟成期間が最低21日間です。

ポン・レヴェック 一辺10.5~11.5cmの正方形、重さ300~400g
ドゥミ・ポン・レヴェック 10.5~11.5cm×5.2~5.7cmの長方形、重さ150~200g
プティ・ポン・レヴェック 一辺8.5~9.5cmの正方形、重さ180~250g
グラン・ポン・レヴェック 一辺19~21cmの正方形、重さ1.2~1.6kg

1972年にA.O.P(EU統一の原産地名称保護)を取得しました。

  • A.O.Pは、2009年よりA.O.C(原産地名称統制制度)から移行しています。
ポン・レヴェックの製法と産地について

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードを型詰めし、ホエイを抜いたあと加塩し、その後熟成します。
熟成期間中に表面を塩水で何度も洗います。

フランス
カルヴァドス、ウール、マンシュ、オルヌ 各県の指定村落

ポン・レヴェックの食べ方

ライ麦パン、ナッツやドライフルーツ入りのパン、りんご一緒に。

ポン・レヴェックにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • フルティーな赤ワイン、コクのある赤ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ