サン・ネクテール - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

サン・ネクテール

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

サン・ネクテール

その他の表記・呼ばれ方
  •  サン ネクテール
  •  サン=ネクテール
  •  サンネクテールチーズ

仏語表記:Saint-Nectaire

種類:セミハードタイプ

乳種:牛乳


サン・ネクテールとは

17世紀にこの土地のサン・ネクテール元帥がルイ14世にこのチーズを献上したことで一躍有名になったと言われています。
かすかなシャンピニオン(西洋マッシュルーム)と、へーゼルナッツのような香りが個性的なチーズです。
口当たりは軟らかくクリーミーで、栗のようにほっくりとした味わいが楽しめます。
表皮は白、赤、黄のカビに覆われています。
チーズに貼られた緑のカゼインマークが楕円形ならフェルミエ(農家製)、正方形ならレティエ(工場製)です。
1955年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)に認定されました。

※AOPは、2009年よりAOC(原産地統制名称制度)から移行しています。


サン・ネクテールの製法

温めたミルクに乳酸菌を加えた後にレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。そのカードを加圧して水分を出し、その後細かくして加塩します。それを円筒形の型に詰めた後、さらに加圧して熟成させます。熟成期間中に塩水で洗います。


サン・ネクテールの産地

フランス中南部のオーヴェルニュ地方原産のチーズです。緩やかな山地であるオーヴェルニュ地方では良質のミルクが取れるため、さまざまな種類のチーズ作りが盛んです。

チーズの産地 フランス オーヴェルニュ地方


サン・ネクテールの食べ方

そのまま食べる場合、常温に戻して香りを楽しむことをおすすめします。
サンドイッチ、ピザなどに使うのもおすすめです。
パンにのせたり、料理で溶かし込んでもおいしく召し上がれます。

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン
ビールのおつまみになるチーズ

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
マイルド ・辛口の白ワイン
やや熟成 ・軽めの赤ワイン