ブリ・ド・ムランBrie de Melun:仏語表記

他の【白カビタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 白カビタイプ
原料乳 牛乳(無殺菌乳)
原産国 フランス
見た目の特徴 茶色がまじった白カビの薄い表皮。熟成が進むと全体が茶褐色になる。
味の特徴 力強く濃厚。塩味も酸味も強い。
熟成期間 最低4週間
固形分中乳脂肪 最低45%

ブリ・ド・ムランとは

ブリ・ド・ムランは、ブリ・ド・モークロミエとともに、「ブリー3兄弟」といわれています。長男ブリ・ド・モーは大型で華やか、次男ブリ・ド・ムランは野性的、三男クロミエは上品といわれています。
じっくりと時間をかけて(18時間以上)凝固を行なうため、フランス人が「フリュイテ」と表現する独特の芳香があって、強い個性がありますが、味わいは繊細です。
表皮は白いカビの中に茶色が混じっていて、中身は黄色でねっとりとしています。
塩味も酸味も強くクセがあるので、男性的なチーズと表現されることもあります。

1980年にA.O.P(EU統一の原産地名称保護)を取得しました。

  • A.O.Pは、2009年よりA.O.C(原産地名称統制制度)から移行しています。
ブリ・ド・ムランの製法と産地について

温めたミルクに、自然の乳酸菌を繁殖させ、乳酸菌がつくる酸によってミルクを凝固させます。(助力として凝乳酵素を使うこともあります)。凝固は少なくとも18時間、じっくり時間をかけます。カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)から(ホエイ乳清)を除去したものをカードといいます。
このカードを専用の型詰め用の器具(ペル・ア・ブリ)ですくい、型に入れます。成型後、型から外して表面に塩を一日おきに片面ずつすりこみます。塩漬けは常に乾燥塩で行います。その後、白カビを吹きかけ熟成させます。

フランス 
セーヌ・エ・マルヌ全県および
隣接するオーブとヨンヌ両県の一部の指定村落 

ブリ・ド・ムランの食べ方

りんごやマスカットと一緒に。

ブリ・ド・ムランにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • やや渋みのある赤ワイン、コクのある赤ワイン
  • 辛口の白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ