ラミ・デュ・シャンベルタン - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

ラミ・デュ・シャンベルタン

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

ラミ・デュ・シャンベルタン

その他の表記・呼ばれ方
  •  シャンベルタン

英語・仏語表記:L'ami du Chambertin

種類:ウォッシュタイプ

乳種:牛乳


ラミ・デュ・シャンベルタンとは

エポワスをまねて作られたチーズ。「シャンベルタンの友」という意味で、ナポレオンも愛飲したというブルゴーニュを代表する赤ワイン、シャンベルタンを楽しむために作られたと言われています。ブルゴーニュ地方のマール酒で洗うので、表面はオレンジ色で濡れてねっとりとしていて、中身はとろりとしています。


ラミ・デュ・シャンベルタンの製法

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードを正方形の型に詰め、水分が抜けるのを待ってから加塩します。その後、マール酒で何度か洗いながら熟成させます。


ラミ・デュ・シャンベルタンの産地

フランス ブルゴーニュ地方

チーズで世界旅行 フランス


ラミ・デュ・シャンベルタンの食べ方

とろりとしているのでスプーンですくってそのまま食べることもありますが、溶けやすいので色々な料理に活用することもおすすめです。
産地では、食後にりんごや洋なし、いちじくを添えるのが定番です。

<簡単レシピ>
ピザクレープにのせて
リゾットに入れて

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
マイルド ・辛口の白ワイン
やや熟成 ・軽めの赤ワイン