ラミ・デュ・シャンベルタンL’ami du Chambertin:仏語表記

他の【ウォッシュタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 ウォッシュタイプ
原料乳 牛乳
原産国 フランス
見た目の特徴 オレンジ色でシワが寄った表皮は、しっとりと湿っていてつややか。
味の特徴 バターのような、濃厚でクリーミーな味わい。
熟成期間 30日間以上
固形分中乳脂肪 50%

ラミ・デュ・シャンベルタンとは

エポワスをまねて作られたチーズ。「シャンベルタンの友」という意味で、ナポレオンも愛飲したというブルゴーニュを代表する赤ワイン、シャンベルタンを楽しむために作られたと言われています。オレンジ色でシワが寄った表皮は、しっとりと湿っていてつややか。
中身はバターのように濃厚でクリーミーな味わいです。

ラミ・デュ・シャンベルタンの製法と産地について

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
そのカードを型に詰め、ホエイを抜いたあと加塩します。
その後、ブルゴーニュ地方のマール酒で何度か洗いながら熟成させます。

ラミ・デュ・シャンベルタンの食べ方

りんごや洋ナシ、いちじくを添えて。

ラミ・デュ・シャンベルタンにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 名前の由来にもなっている同郷ブルゴーニュの赤ワイン
  • 辛口の白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ