フェタ - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

フェタ

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

フェタ

その他の表記・呼ばれ方
  •  フェタチーズ

仏語表記:Feta

種類:フレッシュタイプ

乳種:羊乳(山羊乳は30%まで使用することができる)


フェタとは

フェタという名前の由来はギリシャ語で「スライス」。山地の多い地形で農耕より羊や山羊の放牧が盛んなギリシャで生まれたチーズで、古代ギリシャのアテネ郊外に住む羊飼いが作り始めてから今まで、ほとんど進化していないと言われているチーズです。
1898年までフェタは地元で消費されていましたが、シロス島で初めて商品化され海外に輸出されるようになりました。
フェタの特徴は、不均一な小さな穴がたくさんあるソフトチーズで外皮はなく、ぼろぼろとした木綿豆腐のような組織です。
ギリシャ人にとっては各家庭で作っていた漬物のような食べ物で、春に作ってフレッシュなまま食べ、残りは塩漬けにしていました。このため、フェタは塩抜きして食べるチーズでしたが、冷蔵庫や真空パックにできるようになってからはそのまま食べられるものもあります。塩味が気になる場合は水に一晩浸してみてください。
2002年にPDO(欧州連合の原産地名呼称保護制度)を取得しました。


フェタの製法

温めた羊のミルクに乳酸菌とレンネット(凝乳酵素)を加えて固めます。それを型に入れ水分を抜きます。
その後、塩を振ってしばらくしてから塩水に入れて保存します。


フェタの産地

ギリシャ
現在では、マケドニア、トラキア、エルピス、テッサリア、中央ギリシャ、ペロポネス半島、ミティリニ山岳地が生産地に指定されています。


フェタの食べ方

<簡単レシピ>
・サラダ たっぷりの野菜にオリーブとサイコロ状に切ったフェタをのせオリーブオイルをかける
・スイカや桃などフルーツと
オムレツに入れて

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
プレーン ・辛口~甘口の軽めのワイン
・オードブルには辛口、デザートには甘口
・スパークリングワイン
スパイス入り ・辛口のロゼワイン
・軽めの赤ワイン