チーズの保存方法 - 美味しくチーズをいただくコツ【チーズを楽しむ・食べる】:チーズクラブ

チーズの保存方法

まずは一般的なチーズの保存方法について覚えておきましょう。

チーズを保存するときに気をつけること

チーズを最後までおいしい状態のまま食べきるためには、きちんと保存することが大切です。チーズの保存は冷蔵保存が基本です。
なお冷蔵庫が汚れているとチーズの品質にも影響しますのでご注意ください。

イラスト:ラップするだけじゃダメなの・・・?

Point1

乾燥させない

イラスト:乾燥させない

ラップでていねいに包んで

冷蔵庫は乾燥しやすいので、チーズの切り口をラップでていねいに包み(シェーブルタイプは緩めに)、湿度の高い野菜室等で保存してください。さらに乾燥を防ぐには、ラップで包んだチーズを密閉容器に入れて保存します。

Point2

冷凍しない

イラスト:冷凍しない

チーズの保存は冷蔵庫

チーズは冷凍保存に適しません。冷凍保存すると解凍時に舌触りや風味が悪くなります。

Point3

直射日光、高温にさらさない

イラスト:直射日光、高温にさらさない

5〜10℃の冷所で、
湿度80〜85%に保つ

絶対に直射日光にさらしたり、高温にしないでください。チーズの主成分のひとつである脂肪が溶けだしてしまいます。

Point4

まわりの匂いを吸収させない

イラスト:まわりの匂いを吸収させない

強い匂いのものと一緒に保存しない

チーズはまわりの匂いを吸収しやすい食べ物なので、香りや匂いの強いものと一緒に保存しないよう気をつけましょう。

Point5

やわらかいチーズはアルミ箔でおさえる

イラスト:やわらかいチーズはアルミ箔でおさえる

アルミ箔でおさえてから
ラップで包む

チーズはまわりの匂いを吸収しやすい食べ物なので、香りや匂いの強いものと一緒に保存しないよう気をつけましょう。

Point6

切り口がぬれた状態にしない

イラスト:切り口がぬれた状態にしない

切り口を乾燥させてから保存

切り口に汗をかいていたら、乾いた清潔な布でふいてからラップなどで包みましょう。もちろん、ぬれたナイフやまな板などを使わないようにしてください。

Point7

ラップは3〜4日ごとに取り替える

イラスト:ラップは3〜4日ごとに取り替える

チーズから出た
水分によるカビに注意

切り口に汗をかいていたら、乾いた清潔な布でふいてからラップなどで包みましょう。もちろん、ぬれたナイフやまな板などを使わないようにしてください。