クロミエ - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

クロミエ

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

クロミエ

その他の表記・呼ばれ方
  •  クロミエチーズ
  •  クローミエ

英語・仏語表記:Coulommiers

種類::白カビタイプ

乳種:牛乳


クロミエとは

ブリーチーズの仲間で、小ぶりなタイプ。ブリ・ド・モー、ムランと並び3兄弟と称されています。
独特の強い風味を持ち、淡黄色の中身はなめらかで口どけが良く、熟成が進むうちにねっとりとしたクリーム状になります。
うっすらと白カビにおおわれています。


クロミエの製法

温めたミルクに乳酸菌を加えた後にレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)から(ホエイ乳清)を除去したものをカードといいます。このカードを専用のおたま(ルーシュ)ですくい型に入れ、水きりし、型から出し、塩漬けにします。乳酸菌は、ミルクに地場の乳酸菌が含まれるので伝統的な作り方の場合は添加しませんが、安定的な製造(工場など)には乳酸菌も添加します。
白カビは、スプレーで吹きかける方法と、ミルクの段階で入れる方法があります。
その後、温度・湿度が調整された熟成庫で、白カビを表面に繁殖させ熟成させます。


クロミエの産地

フランス イル・ド・フランス地方 クロミエです。

チーズの産地 イル・ド・フランス地方


クロミエの食べ方

ランチの一品、食後のチーズプラトーとして食されることもあります。
くるみやレーズン入りのパンと一緒に。

<簡単レシピ>
・オムレツに入れて

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン
冬が旬のチーズ

<おすすめワイン>

相性のよいワインのタイプ
・コクのある赤ワイン
・軽め~中程度のフルーティーな赤ワイン