シャウルスChaource:英・仏語表記

他の【白カビタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 白カビタイプ
原料乳 牛乳
原産国 フランス
見た目の特徴 表皮はベルベット状の白カビがおおう。中身は淡黄色でほろほろした組織。
味の特徴 コクがある。塩味と酸味も強め。ハシバミやキノコのような風味がある。
熟成期間 最低14日間
固形分中乳脂肪 最低50%

シャウルスとは

シャウルスは、ブルゴーニュの修道士によって12世紀頃に作られた、長い歴史を持つチーズです。生まれはブルゴーニュですが、名前はシャンパーニュ地方の小さな町名に由来しています。フランス語で「シャ」は「ネコ」、「ウルス」は「クマ」を意味し、街の紋章やパッケージにもネコとクマが描かれています。
なめらかな白カビに包まれた表皮は薄く、中身は濃厚でフルーツの香りが混じった芳香があります。コクがあり、舌の上にもしっかりとした旨みと後味が残り、外皮も味わいがあります。

形状は大型のものが直径11~11.5cm、重さ約450~700g、
小型のものは直径8.5~9cm、重さ約250~380g。

1970年にA.O.P(EU統一の原産地名称保護)を取得しました。

  • A.O.Pは、2009年よりA.O.C(原産地名称統制制度)から移行しています。
シャウルスの製法と産地について

温めたミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。
少なくとも12時間かけて凝固させてカードを作り、そのカードをシャスラン(chaserons)という型に入れ、ホエイの排出は自然にまかせゆっくりと行なわれます。
その後、型から取り出し白カビを付け熟成させます。

フランス
ヨンヌ県、オーブ県の指定村落

シャウルスの食べ方

熟成が進み、中身がトロトロになってしまう前の、ホクホクした芯があるくらいの状態がおすすめです。
りんごやマスカットと一緒に。

シャウルスにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 軽め~中程度のフルーティーな赤ワイン、コクのある赤ワイン
  • シャンパン、辛口の白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ