ブリア・サヴァランBrillat Savarin:英・仏語表記

チェスコ(株)の【フレッシュタイプのチーズ】へ

チーズの種類 フレッシュタイプ
原料乳 牛乳
原産国・地域 フランス
その他の名称 ブリヤ・サヴァラン
見た目の特徴 白く、なめらかな生地。
味の特徴 クリーミー。ほどよい酸味があり、さわやか。
固形分中乳脂肪 最低72%

ブリア・サヴァランとは

「美味礼讃 味覚の生理学」の著書である、ブリア=サヴァランの名にちなんで命名されたチーズと言われています。クリームを加えて作る「トリプルクリーム」と言われるタイプです。
フレッシュタイプは「ブリア・サヴァラン フレ」といい、そのリッチでまろやかなと爽やかな酸味は、まるでチーズケーキのような味わいです。
熟成タイプ「ブリア・サヴァラン アフィネ」は、白カビにおおわれ、酸味が和らいだなめらかな味わいです。
2017年1月19日にI.G.P認可取得。

ブリア・サヴァランの製法と産地について

温めたミルクにクリームとレンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものをカードといいます。そのカードを型に入れ、水分を抜きます。

産地は、フランス ブルゴーニュ地方周辺です。

ブリア・サヴァランの食べ方

ブリア・サヴァランはトリプルクリームで脂肪分が高く、冷蔵庫から出するとトロリと溶けてしまうので、温度管理に気をつけます。シャンパンやコーヒーにもよく合います。
魚介類やローストチキンに添えたり、レーズンなどのドライフルーツやジャム、はちみつなど甘い物とのアレンジでデザート風に。

おすすめレシピ

調理例

サラダに添えて

ブリア・サヴァランのさわやかな酸味とピクルスの酸味を重ねて。濃厚なクリームがピクルスの酸味を包み込み、野菜の持つ甘みとバランスの良い組み合わせに。

調理例

フルーツに添えて

みずみずしいマスカットに、ほんのり塩味がきいたブリア・サヴァランを合わせて。
デザートにはもちろん、お口直しにもおすすめです。

レシピをもっとみる

ブリア・サヴァランにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 軽めの赤ワイン
  • フルーティーな白ワイン
コーヒー、紅茶、スパークリングワインも合います。

このタイプを見てる人におすすめのチーズ