バラカBaraka:英・仏語表記

他の【白カビタイプのチーズ】を見る

チーズの種類 白カビタイプ
原料乳 牛乳
原産国 フランス
見た目の特徴 白い綿毛のようなカビにおおわれている馬蹄形のチーズ。
味の特徴 濃厚なバターのような風味。塩気も強いが、後味はさわやか。
固形分中乳脂肪 70%

バラカとは

馬蹄型を意味するフランスのチーズです。ヨーロッパでは馬の蹄は幸福のシンボルとされており、その形をしたバラカは幸福を呼ぶチーズとしてプレゼントにも最適です。
乳にクリームを加えたダブルクリームタイプのため、脂肪分は70%と高めで、こってりとした味わいが特徴ですが、塩気も強いため、後味はさわやか。

バラカの製法と産地について

温めたミルクに乳酸菌を加えた後、レンネット(凝乳酵素)を加えて、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去するとカードができます。このカードを専用のおたま(ルーシュ)ですくい、型(モールド)に入れ水きりし、成形します。十分に水分が排出されたら型から出し、塩漬けにします。その後、表面に白カビを噴霧して温度・湿度が調整された熟成庫で、熟成させます。

フランス ブルゴーニュ圏、イル・ド・フランス圏

バラカの食べ方

パン、りんごやマスカットと一緒に。
縁起の良い形を活かし、パーティーにはそのまま出すことがおすすめです。

おすすめレシピ

調理例

はっさく×バラカ

爽やかな酸味のはっさくと、
クリーミーなバラカの組み合わせ。
はちみつをプラスして、三味一体の味わいを
お楽しみください。

バラカにおすすめのワイン

相性のよいワインのタイプ
  • 軽め~中程度のフルーティーな赤ワイン、コクのある赤ワイン
  • スパークリングワイン、辛口の白ワイン

このタイプを見てる人におすすめのチーズ