アボンダンス - チーズの名称【チーズ辞典】:チーズクラブ

チーズクラブ

アボンダンス

チーズの名称では、いろいろなチーズの原産国や特徴、食べ方などを紹介しています。

アボンダンス

その他の表記・呼ばれ方
  •  アボンドンス

仏語表記:Abondance

種類:ハードタイプ

乳種:牛乳


アボンダンスとは

「あり余る、豊穣」という意味をもつ言葉でアルプス地方の同名の村の名に由来します。アボンダンス谷の修道士たちがより質の高いチーズを目指し作り始めました。その結果、教会の教皇を選出する際の会議がアヴィニヨンで開催された際、食事にこのチーズが出された記録もあると言われています。
表面はしなやかで、弾力があり、濃い黄色から茶色をしています。中身は象牙色から淡い黄色で、ボフォールと同じく気孔やレニュール(水平の細い亀裂)があります。ミルクのコクと味わい、ナッツの香りが特徴です。
1990年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)に認定されました。

※AOPは、2009年よりAOC(原産地統制名称制度)から移行しています。


アボンダンスの製法

温めたミルクに乳酸菌、レンネット(凝乳酵素)を加えることにより、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固します。その凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去したものを、カードといいます。そのカードをカットし、それを取り出して型に入れ、加圧して水分を出します。熟成中は塩水に古いチーズの外皮を溶かし込んだ「モルジュ液」で丁寧に拭きます。


アボンダンスの産地

フランス アルプスのアボンダンス村の名に由来

チーズの産地 フランス サヴォア地方


アボンダンスの食べ方

チースフォンデュに似たアツアツ料理、ベルトゥを試してみてはいかがでしょう。
スライスしたアボンダンスの上にナツメグと胡椒、白ワインなどを振りかけて、200℃のオーブンで10分弱。チーズがきつね色になったら出来上がりです。パンや茹でたじゃがいもを添えます。

保存方法
チーズタイプ別保存方法
チーズのタイプ別おすすめワイン

<おすすめワイン>

チーズのタイプ 相性のよいワインのタイプ
硬質 ・辛口の白ワイン
超硬質 ・コクのある赤ワイン