風舟ふうせん

この作品を動画で見る

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

ふうせんをふくらませて、舟(ふね)を走らせてみましょう。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)1こ

    ※紙パックはあらって、かわかしておく。

  • ○ふうせん1こ

  • ○折れ曲がるストロー1本

  • ○輪ゴム(わごむ)1こ

  • ○はさみ、カッター

  • ○定規(じょうぎ)

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

  • ○ホチキス

  • ○セロハンテープ

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚通し(せんまいどおし)などをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。
牛乳パックの、屋根(やね)と底(そこ)を切る時は、とても硬い(かたい)ので、大人(おとな)の人にてつだってもらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パックは、縦(たて)半分に切ります。

  • 2

    底(そこ)の中心に、ストローを通す穴(あな)をあけます。
    千枚通し(せんまいどおし)で穴をあけてから、図のようにはさみの先をねじ込んで、ぐるぐる回すと穴が広がります。※大きくなりすぎないように、注意(ちゅうい)しましょう。

  • 3

    胴体(どうたい)の真ん中くらいに、斜め(ななめ)に切り込みを入れます。
    内側(うちがわ)に折って、接着剤(せっちゃくざい)ではり、ホチキスでとめます。

  • 4

    のこりの牛乳パックから、かじを切りとります。
    舟の底(そこ)に接着剤ではり付けます。

  • 5

    ふうせんにストローを差し込み、輪ゴム(わごむ)でかためにしばります。

  • 6

    〈5〉を穴に差し込みます。
    ストローのまがる部分が穴のところにくるようにして、セロハンテープでとめます。
    穴の部分に接着剤をぬり、穴をふさぎます。

  • 完成

    ストローから息(いき)をふき込み、ふうせんをふくらまします。
    ストローの先を指(ゆび)でおさえ、水の上にしずかにおいて、指をはなします。
    ふうせんのしぼむ力で、舟が進み(すすみ)ます。

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。