特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

ゴム動力ヘリコプターごむどうりょくへりこぷたー

この作品を動画で見る

難易度:(大人と一緒に作ろう)

印刷:
シェア:

ゴム動力で飛ぶ、牛乳パックのヘリコプター。
バランスをとって、飛ばしてみよう!

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml) 1こ

    ※紙パックはあらって、かわかしておく。

  • ○割りばし 1本

  • ○模型飛行機用(もけいひこうきよう)の平ゴム(長さ12cm、はば3mm)1本

  • ○太いストロー(直径9?15mm×21cmのもの)1本

  • ○ストロー 1本

  • ○模型飛行機用(もけいひこうきよう)のプロペラ(21cm)1こ

  • ○プロペラ用シャフト 1こ

  • ○ビーズ 1こ

  • ○キャップ 1こ(ストローのサイズに合うもの)

  • ○はさみ(またはカッター)

  • ○ペンチ

  • ○キリ

  • ○セロハンテープ

  • ○両面(りょうめん)テープ

注意
(ちゅうい)
はさみやカッターなどをつかう時は、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。
大人( おとな) の人にてつだってもらいましょう。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    ローター部分を作ります。
    キャップの中央にキリで穴(あな)をあけます。さらに、シャフトにキャップとビーズを通し、平ゴムをかけておきます。

    ※ キャップは、工作用(こうさくよう)のりや調味料(ちょうみりょう)入れなどのキャップで、太いストローに合うものを見つけましょう。

  • 2

    シャフトにプロペラを通したら、シャフトの先を5mmペンチで直角(ちょっかく)に曲げておきます。
    太いストローの先に両面(りょうめん)テープをまき、キャップをかぶせ、ガタつかないように固定します。

  • 3

    2.5cmに切った割りばしを通してゴムかけを作り、テープで固定します。

  • 4

    牛乳パックの屋根(やね)の部分(ぶぶん)と底(そこ)の部分を切(き)ります。

  • 5

    〈4〉の胴体を開きます。

  • 6

    〈5〉を使い、左図を参考に胴体(どうたい)を切(き)りぬきます。

  • 7

    〈6〉のうえの部分1.5cmのまんなかに太いストローの幅に合わせて穴(あな)をあけます。
    点線の部分を山折りにします。

  • 8

    〈5〉を使い、左図を参考に尾翼(びよく)を切(き)り抜きます。
    角は丸く切(き)り抜きます。

  • 9

    左図を参考に両面(りょうめん)テープをはります。

  • 10

    ローター部分をつけ、さらにストローを胴体(どうたい)と尾翼(びよく)に固定し、それぞれをセロハンテープで固定します。

  • 11

    プロペラを回しゴムをじゅうぶんに巻きます。

  • 完成

    胴体(どうたい)の下とプロペラを手でもちます。
    プロペラから手をはなし、飛んだら完成です。