特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

特別企画!牛乳パックを親子で楽しもう。

マリオネット・ロボまりおねっと・ろぼ

この作品を動画で見る

難易度:(小学校中・高学年程度)

印刷:
シェア:

牛乳パックのあやつり人形(にんぎょう)。4本の糸をあやつって、たのしい動きをさせてみよう。

使うもの(つかうもの)

ボタン

  • ○牛乳パック(1000ml)2こ

  • ○牛乳パック(200mlスリム)4こ

  • ○ヨーグルトカップ1こ

    ※牛乳パックとヨーグルトカップは、あらってかわかしておく。

  • ○ヒートンネジ(最も小さいもの)8こ

    ※100円ショップや、ホームセンターなどに売っています。

  • ○タコ糸5mくらい

  • ○ゼムクリップ3こ

  • ○画びょう2こ

  • ○はさみ、またはカッター

  • ○接着剤(せっちゃくざい)

  • ○ホチキス

  • ○千枚通し(せんまいどおし)

注意
(ちゅうい)
はさみやカッター、千枚(せんまい)どおしなどをつかうときは、ケガをしないようじゅうぶん注意してください。

作り方(つくりかた)

ボタン

  • 1

    牛乳パック(1000ml)1こを開き、図のように、目、はどめ、胴体(どうたい)の屋根(やね)、あやつりを切り抜いておきます。

  • 2

    胴体を作ります。
    もう1この牛乳パック(1000ml)は、底(そこ)から10cmのところで切りはなします。内側(うちがわ)から、図の部分の2か所に、ヒートンネジを差し込み、接着剤(せっちゃくざい)で固定(こてい)します。

  • 3

    底の部分には、外側からヒートンネジを差し込み、内側から接着剤で固定します。

  • 4

    腕(うで)を作ります。
    牛乳パック(200mlスリム)2この、図の部分を切りはなして、開きます。

  • 5

    胴体のヒートンネジの先をねじ込み、はどめを差し込んで、接着剤でとめます。ふたを閉じて、セロハンテープでふさぎます。
    腕の先にも、それぞれにヒートンネジを差し込み、接着剤で固定します。

  • 6

    足を取り付けます。
    のこりの牛乳パック(200mlスリム)2つは、上と底にそれぞれヒートンネジを差し込み、接着剤で固定します。
    足の上のヒートンネジと、胴体の底のヒートンネジを、たこ糸で結(むす)びます。

  • 7

    頭(あたま)を作ります。
    ヨーグルトカップに、目をはり付け、耳にする画びょうをさします。
    カップの底(そこ)に穴(あな)を開け、タコ糸(1mくらい)をとおし、抜けないように、内側にゼムクリップを結びます。胴体のふたをはり付け、頭を接着します。

  • 8

    あやつり部分を作ります。
    〈1〉で切っておいた、あやつり部分を2つに折り、ホチキスでとめます。
    2つ作って重ねて、中心にタコ糸をとおす穴(あな)を開けます。

  • 9

    ゼムクリップを結んだタコ糸を、穴へとおし、またゼムクリップを結びます。ロボットの頭のたこ糸を結びつけます。
    ※タコ糸の長さは、ロボットの手足が、まっすぐ下に向くように、調節(ちょうせつ)します。

  • 10

    左右の手足のヒートンネジに、タコ糸(1mくらい)を結びつけます。反対側(はんたいがわ)を、あやつり部分の図の位置(いち)に、ホチキスでとめます。
    ※たこ糸の長さは、ロボットの手足が、まっすぐ下に向くように、調節(ちょうせつ)します。

  • 完成

    あやつり部分を、動(うご)かしたり、たこ糸をあやつると手足が動きます。

※この工作は、東京都小平市在住の小林正人様の作品を参考にしました。